1+

No.507

ぼくにある幼さが
漬け込めとそそのかす
あなたの遠い人
ぼくによく似ているそうだ

神さまって適当で
意に介さないことが多いんだ
そう考えておくと平気だろう
今だって正気でいられるだろう

ただ移動したかったんだ
悪い夢みたいな現実から
だけどあなたは連れ出したんだ
さも善行を施すように

目を覚まして
所詮ひとりの人間でしかない
あなたはぼくを救済したつもり
違う、ぼくが自惚れさせたんだ

どこかへ行きたかった
そんな目で見られたくなかった
自由になるよりもっと
確実に終わりたかった

今ならなんとでも言える
予定が狂って空になった棺
真っ白い花を詰めた帰り道
今日もぼくたちはすれ違う

1+

No.506

何年経っても歳を取らない
ようやく認める気になったよ
あなたは人間ではなかった
どうりで神聖な気持ちになったわけだ

ねえ、見ることができましたか?
聴くことや愛すること、
忘れて思い出すほどに?
あなたにとっては一駅分の退屈凌ぎでも

許してね
ぼくは何も残さなかった
だけど世界は終わらなかったよ
ぼくが少しだけ変えといたんだ

ひとりひとりが変えていたんだ
毎分毎秒、到底確認できないくらい

許したよ、
ちゃんと見てた、
気づいてたろう、
あこがれてたくせに。

夕暮れとともに消えてく何か
頬が橙を照り返している
もしさいごに願いが叶うのならば
あなたのかなしい歌が聴きたい

2+

No.505

きみの死にたいが
たすけてにきこえた夜
そんな、夜、真っ暗を走る
誰かの影を踏みつけて

いちばんだよ
いちばん大切なものを
いちばん大切に扱うことが
いちばんすこやかなことだよ

とんでもない冗談だ、
そう思った
これがぼくのものになるわけない、
さいしょ、そう思った

電車がぼくを追い越して
ぼくを三日月は追い越して
三日月が舟に姿を変えて
きみを遠く連れ出そうとする

待って
待つもんか。
行かないで
行く宛てなんかない。

息切れが金属音にまぎれる
もっと手荒くして欲しいのに
誰にも話せない秘密の記憶が
完膚なきまでに踏みにじられて

季節を無視して花が咲く
死臭を隠すように
指先から透き通ってく
二度と来ない午前二時

もうすぐ郵便受けの底が鳴る
同意のないタイムリミット
新しく生まれたくない
伝えられなかったきみを忘れてまで

3+

No.504

今度こそ見つけてもらえる
そう考えてる他力本願
期待されるほど透明じゃない
隠すことは得意だけれど

あなたはぼくを密告する
でも言わない
だけど叱らない
残り少ないチョコレートが甘い

傷つけてあげるんだ
そっちのほうが楽だから
傷つけることは苦しいから
汚点になってほしくない

青い卵を両手にやさしく包み込む
ナゾナゾ、ぼくの眼前に差し出す
(うまれてくるもの、なあんだ?)
目線をあげるとあの日の笑顔だ

傷つけた後悔も
傷つけられた痛みも
昇華されず償われず報われもしない
それでもいいさ、それでもいいんだ。

あててあげよう
あててあげたらあなた消える
そうだとしても間違えないであげよう
間違えることにはそろそろ飽きた

1+

No.503

許されなかった恋のひとでなし
ぼくようやくわかった気がする
あなた禁じられることに酔ってた
その目はぼくを見ていなかった

供給源を断てない草の根
どうしてあなたを捨てられる
心中には遠い、夢見には妨げられる
走るうちに知らない風景

なるほどこうして時はすぎる
見慣れないあなた、年老いたせいだ
ぼくと再会し驚愕で目を開く
姿が百年前と変わらないので

そのころには虚言癖
誰もあなたを信用しない
悪気はないけど信用はしない
なぜって毎日支離滅裂で

あの子は湖底に沈んでいるんだ
おれの身代わりにそうなったんだ
積もる泥は冷たく重たいに違いない
早くあの子をすくっておくれ

でたらめを言うおじいさん
すっかり呆けてしまってね
昔はそりゃあ溌剌としていた
女の子の取り巻きも多くてね

気づかなかったろう
あなたぼくを見ていなかったから
傷口がすぐにふさがるんだ
これがぼくのささやかな復讐

教訓、恋するすべての人へ
愛をささやくひとから目をそらしてはいけない
その傷口はあまり早く完治する
あなたが他の生物を見ているあいだに

1+

No.502

なぜぼくを起こしたの
せっかく死んでいたのに

とでも言いたげな寝ぼけ眼
もう一度埋めてしまおうかと思う

それは白くつめたくやわらかで
毎晩すこしずつかじりたくなる手

泣かないでフロイライン、
私としたことを覚えているの?

いいえちがうのマドモアゼル、
あなたを何も思い出せないの。

呼び名だって記憶どおりかわからないの、
間違ったら消えてしまうんじゃないか?

だから呼べないのフロイライン、
ぼくをゆるしてマドモアゼル。

1+

No.501

誰の思い出にも残りたくなくて
なってはいけない人を好きになる
仕掛けはいつも小手先で
張り巡らせた罠で動けないのは僕だった

謙遜しなければ水中を泳ぐみたいに
縦横無尽に生きられたのでは
呼吸ひとつ満足にできない朝
背中から根が生えて起き上がれない

次に耳が聴こえなくなった
正直言うと好都合だと思った
もうイヤフォンで塞がなくてもいい
朝も夜もやかまし過ぎたんだ

次の日からひとつずつ消えてった
眼球だけが潤いを保ったまま
部屋の真ん中にぽつねんと残った
そして最後はハニーの餌食になった

平等とは不平等なもの
公平とは不公平なもの
自由とは束縛の異名で
無限とはこの部屋にあるもの

夢を見ていて
忘れないうちにと書き留める
ようやく書き上げた時には
好きな人の名前が思い出せない

みんなひとりでに生きて死ぬんだ
今はひとつひとつで夕焼けを見ている
優しくしたくなるような背中で
つぶしてしまいたくなるような魂で

1+

No.500

手のひらに残る七色の粒子
出会ったきみはひとでなし
夢が青春をくいものにする
確かめているうちに破れる

笑って別れるなんてできない
きみはいつでも無防備だから
それは自信からくる余裕なの
ぼくは少しずつ泳ぎつかれた

幸せであってほしい
全部でそう思えない
ぼくも幸せになってみたい
ふたつが相容れないせいだ

優しくなりたかった
いつでも帰ってこれるよう
迷子にも見つけ出せるよう
でも道は覚えるものだった

大人になってふと悲しいのは
いつのまにか歩けていたこと
平気なほうを選んでいたこと
争ったり怪我しないほうを

たまにはそっぽを向いていい
未来はそれでも壊れない
生まれたばかりの入道雲が
冒険をやめるなとぼくに言う

行き詰まるからだ
安全なほうを選ぶようになれば
留まるほうがあやういから
傷つけまいと傲慢がはびこる

ソーダ水にふたりが溶ける
それは並ぶよりも尊いこと
誰が飲み干しても文句言わない
辿り着いた場所が帰りたい場所

1+

No.499

どうしてあの街
思い出させるんだ
比べることに意味はない
教えてくれたのはあなただろう

瓶詰めの初恋
少しずつ腐り出す
誰も気づいていない
だけどたしかだ

潔白でいてほしい
ぼくのわがままであっても
何も助けられなくても
どうか、変わってほしい

ぼくに出会う前とさよならの後で
あなたの何かが変わってほしい
世界が違って見えてほしい
許されなくても、願うんだけど。

2+

No.498

いまね、近づいた気がした。あなた否定するけどね。いや、気づいてないんだ。ぼくたちのあいだにゃ硝子があって、今も昔も遮られてる。どうせなら色付き硝子がよかったね。磨り硝子でもましだったろうな。そんなに透明な涙を知らない。勘違いしないで、ぼくたち、たとえこの硝子がなくたって別々の生き物なんだからね。溶け合うことや混じり合うことはできないんだからね。そう思うと、まだ少し呼吸できそう。一度に。べつの生き物になってしまうの、無理かなあ?きっと無理だなあ。何世代も何世代もかけて進化していくんだから。どうしても、無理かなあ。うん、どうしても、無理だよ。明白に無理だよ。それに、ぼく、嫌いじゃないよ。この、どうしようもなさ。みんながなに言ってもね。ぼくたちが失敗なわけないじゃない。ぼくたちを生んだ存在が失敗するわけないんだから。平気だと思ったんだよ。そのひと、きっとこれが一番だと思ったんだよ。あなたの目の色がわかる。歌は届かなくても、あなたが撫でる軌跡で文字が読める。ぼくらそうして溶け合ってこうね。笑われながら、呆れられながら、飽きるほど重ねようね。硝子があってよかったっていつか言おうね。生まれ変わる必要ありませんって伝えられるよう、不具合だらけの今を大切に生き抜こうね。

1+