No.865

傷をえぐれば許される
もう充分だと擁護してもらう
足りないと悲惨なまま
ぼくたちは居場所を失う

顔のない犯人
姿のない不特定多数
ぼくだってそうだ
ぼくたちだってきっとそうだ

光が眩しい
弱い力で前を向くより
眠っていても呼吸のできる
薄い青い終わりみたいな暗闇がすき

あのねで始まり
そうだねで終わる
ただいまとおかえりのように
生まれて死んでいくのだと理解をする。

3+

No.864

毛布の中で聞くラジオから
だれかの遺言が流れてくる
ここが世界ならいいのに
ここがすべてならいいのに

許される理由が見つからないから
息をひそめて
光に向かうことをやめにした
そんな決意もたやすく溶かし

さようならで仮死する
冷たい手で触ると
血のありかがよく分かるね
ふたりの意味がよく分かるね

優しいノイズにきみの遺言
かき消されずに繋いでいって
生と死を分け隔てないで
せまく暖かい宇宙をつくっていって

忘れようとしないで
忘れるとおりに忘れて
逆らわないで
夢で何度も再会させて

4+

No.863

僕たちは一度きりだ
実感できないことを語るとき
うそつき、と空から言葉が降ってくる
お利口に聞こえないふりができる

今年は一度きり
今日は一度きり
いまこの瞬間は一度きり
一瞬一瞬をつなげて雪原にしたよ

同じ時代に生まれたの
前世も来世も知らないよ
同じ次元に在ることの純粋
きみが日常になるという奇跡

4+

No.862

私は光がなくても生きられる
嘘でしょうと思うでしょう
逆なの、光があると生きられないの
謎謎のように感じるのは定着した証ね

あなたこの世界を正だととらえることに成功した
私が少し風変わりに映るかも知れない
それでいいの
それを望んだの、一緒に。

吐く息が少しずつ白くなって
人の手指が柔らかく温かなものに包まれる頃
ふと見上げた空に星がいっこも見えなくて
思い出すことを忘れたとしても

祝福されたこと
送り出されたこと
いつか迎え入れられること
舞台袖のような毎日で息をしていること

有限で綺麗なものを捕まえて
優しいものに捕まって
雪が降ったら私の言葉
雪が止んだらあなたの明日

音も無く区切りが一つ
ちいさな船を水難事故から救う
あなたの知らない世界の隅っこ
誰も知らないあなたの魔法で

4+

No.861

手を伸ばした
という事実が欲しいだけ
そういう触りかただね
誰も悲しませない

揺さぶられない感情は
何のため、とあなたに問うよ
答えられないあなたの目を見て
なぜ黙るの、と質すよ

理由なんてないんだ
つくらなけりゃ
意味なんてないんだ
欲しがらなけりゃ

上手になれない
器用になれない
ならなくていいよ、
そのままでいいよ、

あなたが言うのを知って待ってる
ぼくは小さな臆病者で
隙あらばいつでも消えたい
死ぬんじゃあまりに大掛かりなので

あなたに残る方法が見つからない
毒にも薬にもならない恋が
たったひとつの爪痕を残したくて
生まれ変わるくらいしてみせると豪語する

4+

No.860

百年に一度の出来事を
奇跡と呼んでいいのか迷う
口にしていいのか
君に伝えていいのか

二つ並んだ小さな星は
この距離じゃないと分からないんだ
ぼくのぼくのぼくの血がまだ
ぼくのものではなかった頃の出来事

生きている人は
死ぬなんて思いもしなかったよ
ぼくだってそう
会うことのない誰かへ血を送る

奇跡はこんなに日常にあって
迷うなんてちっぽけだよ
ほとんど隣同士に近い距離で
騙し合うための嘘なんて止めろよ

6+

No.858

言葉がぜんぶ光になって
形を失ったらどうしよう
差し出せるものが無くなったら君は
僕を残して歩いて行くかな

忘れないよと約束する優しさが
百年後の君を苦しめるだろう
忘れないでと願う傲慢が
百年前の僕をそれからずっと呪ったように

魔法は切れたよ
あったかも、もう分からないな
午後になると眠くなって強がりを消した
緑の上でだから眠る、君は命を泥棒して。

6+

No.857

首が寒い。いや、冷たい。何かあてられている。

首にあてられる冷たいものと言ったらそれはもう銃口かナイフだろう。

ぼくの生き方をしているなら誰でも。ぼくの人生を生きるなら誰でも。

「ああ、やっと終わる」。

安堵とともに素直になってしまう。 

もし機嫌を損ねて、置いて行かれでもしたら大変だ。

(やっと終わる)。
という「強がり」を、言ったふりをした。

形をとらえるのって大変ですね。

なぜみんな上手にできるのか分からなかったけど、最近ようやく分かった。

下手だったんだ。

ただただぼくが下手だから、みんなが上手に見えたんだ。

酸素が薄い。だから笑えない。ここは、適していない。

薄く消えたい。誰かを傷つけたりせずに。

わがままかな。わがままだよ。

でももし自由にできるものが一つあるなら、こういうことだよね。

他に言い残したことは何も無い。
残したいものも何も無かった。

柄か引き金を引いて。

これは作業。

吸って吐くように、拾って捨てるように、あたりまえの習慣として、きみはそれを引いて。

間違って見えることのなかにも、正しさはちゃんとあるよ。

4+

No.856

冬の光は透明だけど
好きな色を変えてしまう
好きな人を変えてしまう
きみの好きな私も、たぶん。

変わらないでいると
誰かは救われると思っていた
変わらないことで
変わらないままで

救うことも救われることも
本当はできていなかった
「ありがとう」という言葉には
優しい、

ヤサシイ、
「救えてないけどね」が
隠れていた
推測が下手で気付かなかったな

たくさんの嘘があって
傷つけたり傷ついたりする
嘘だとばれなかった嘘もあって
嘘が世界や心をうまく回す

きみの世界は、どう?
私の世界は、こう
今、冬の光が照らしているのよ
眠れないきみから奪ったものだよ

4+

No.855

もう届いてる、

きみが言う
手はもう届かせられる
もし届かないなら
あなたが拒んでいるだけ
本当は途中が気持ちいいだけ

ぼくは分からない
いつまでも分からない
分からないでいたい
痛みを消す理由を
知りたくない

窓ばかり広い部屋で
帰宅という言葉を練習した
ノートに何度も書いていると
応えるように風が吹く
帰りを待っている
帰りを待っていて

また交わるように信じてる
平行線は少し歪んでいて
言い訳を通用させる
だからいつまでも現実を見ない
許されないことを許している
愛されない今を愛している

4+