雑記

なんでも書きます。何気に一番人気あるカテゴリー。

1+

【雑記】きっとたぶんおそらく防衛本能

春をいいと思ったり、花をいいと思ったり、子犬はかわいいと思ったり、子どもはいいものだと思ったり、緑を愛でたくなったり、身だしなみより食にお金をかけたいと思うようになったり、なんだ、そうだあれか、私はもうすぐ寿命を迎える裕福なおじいさんか。

やがて平成最後の春が、はじまるんだな……。

エモい。

何をするときも「平成最後の」つけ始めたので「まただよ」って言われるやつ。

そう、さいきん自分で「そうか!」って気づいたことがあるのできいてください。

人って道に迷ったとき「自分のことが分からなくなった」「これまで何をしていたか分からなくなった」って言うでしょ。あれって逆なのかもな、って。思ったんだ。そうすると「そうか!なるほど!」となりまして。分からなくなったんじゃなくて、分かってしまったんだよ。これまで自分のしていたことが無意味だってことが分かってしまったんだよ。分からなくなった」って言ったとき、ほんとは「分かった」状態にあるんだよ。突然で認めづらいだけ。でもほんとそう。

ふと我に返ってしまったんだよ。

思い返してみると「分からない」って言ってる時って、たいていそうじゃね。分かってしまったか、分かりそうになってしまっているか。今までの自分がばかに思えて、やってきたことが稚拙に思えて、うわーってなることを予感するから「わからなくなった」と言って逃避するんだよね。防衛本能だよ。

うむ、人は儚い。

私はというとおやつタイムにドーナツいっきに3個食べたからお腹が張っています。喉の通りを良くするために白湯のんだら上顎やけどした感じです。ぶじです。元気です。

1+

【雑記】見えないものを見ようとして

とつぜんですが、私、両目裸眼で1.5なんですよね。

こないだ診察に行ったら医師に「視力が良すぎる。疲れるでしょうね」って言われたんですよ。

へ〜、なるほどな〜。視力が良いと疲れるのか〜そうか〜。と。

で、帰り道「なんで私って視力いいのかな」と考えてみた。だって基本インドアで小さい頃から液晶画面がお友達で、もうちょっと視力悪くてもおかしくない生活をしてるんですよ。そしてそれはこれからもかわらないだろう。

仕事もPC使うものだし、今や日に12時間は液晶画面と向かい合ってるんじゃないかな。まばたきの回数も少ないし、なんで視力良いんだろ?親兄弟も割と早い段階で悪くなったし、コンタクトもメガネも不要なのは私くらいである。

それなりに考えてみて、勝手にたどり着いた結論が2つあります。根拠?ない。

1つは、「慣れ」ですね。小さい頃から液晶画面がお友達だったから適応したというか、人体が液晶画面に強いかんじに変化したのかな?(適当)

もう1つは、こっちが有力候補なんだが、道歩く時に360度遠くまで見据えてるってことでしょうか。

つまり、あまり会いたくない人がむこうから来た時に、相手より早く相手の存在に気づきこちらから身をくらます必要があったわけなんです。なぜなら立ち話するのとか、あいさつするのとかめんどいから。相手の視界に入って認識されてからじゃ遅いので、ていうかそんでいきなりこちらが進路を変更したら相手を不快にさせてしまうだろう。そうなるとベストアンサーはこっちが先に気づいて早めにUターンもしくは手頃な店先などに身を潜める必要がある。何はともあれとにかくスピード優先。そんな逃亡者のような気持ちで生活してきたなのかな、って…。OK、わかってる、自分で語っていてどうかと思うよ。

あとは、道行く人ある程度みんな悪意か殺意があるのではないかと思って歩いてる。「誰でも良かった」あとからそう語るような通り魔じゃなかろうか、ふところから刃物を取り出していきなり切りつけてくるんじゃなかろうか、ひったくり犯じゃないか、体に爆弾まきつけているんじゃないか。そんないけない妄想をしている。もし不穏な動きが察せられれば私はいち早く彼もしくは彼女から距離を取り不本意ながら他人の家屋内などに逃げ込まざるを得ない。とにかく不審者の不審な動きを先に察知することが先決であって、これが1秒でも2秒でも遅れたら命取りになるかもしれないんだ。

そういう気持ちで生きていると視力は両目ともに1.5を保てるんじゃないかな。

でもきみはきっとこう言うだろう「そんな暮らしはしたくない。つらい」そのとおりだ。きみは正しい。ザッツライトすぎ。

冗談はさておき、ブルーベリーのサプリは飲んでる。

でもサプリってずるいよなー。

サプリ飲んでない人生を私は知らないわけだから、飲み続けるしかないよね。でもブルブルくん(わかさのマスコットキャラ)との付き合いもはや6年になるもんで、おいそれと離脱することもできないんだよな〜。こうやって高齢者はいろいろな悪徳商法にハマるんでしょうね。

ただ、「気休め」というのもまた1つの立派な効果効能だと思うので、これはこれでいいかなって。気休めにもならんものってもっと他にあるでしょう。あれやこれや。

3+

【雑記】ヤマアラシのなんとか

フォントやデザインを地味にいじっている。少しおかしな部分があるけど、作業途中で修正する気力が途切れる。

詩を書いているのだったら、詩以外の言葉で表現するのはいけないと思う。いけないと、思っていた。ていうか、できない気がしてた。

何かを感じたり、いいなあと思ったときに、それをべつの手段で表現しようとすることは、あまりよくないし、うまくできないのではないか。

しかし、じゃあ詩が万能かというと、実際は書いても書いても消すことがある。

たとえば夜中にスマホで投稿して「これ明日になったら消しそうだな」と思いながら、寝付く。それで翌日読んでみると「ふむ。まあ悪くない」と思うことがある。この時は、ためらった時に消さずに、時間を置いてみるものだなと思う。

でも、実際は「だめ」と思って、思ったままに消すことがある。「これはよくない」と思って消すことが。

そうするとそれについては「そんなに悪くない」「ふむ。まあまあ」と感じる瞬間さえ訪れることがなくて、だから推敲は殺しだなと思う。この、ろくでなし。

さらに言うと、書き出さず秘めているものもある。「こういうの書きたい」「ああいうの書きたい」でも結局書かない。なのでこれは殺しじゃないけど飼い殺しですね。重罪ですよ、みなさん。言ってる意味がおわかりか。

つまり、書こう。

いろんなものが目に入るんですよ。優れているもの、称賛されているもの。自分の考えに似ているものなどが。そうしたら「今さら」って気になるし、「どうせ」に行き着くんだろう。でも、あなたの「どうせ」に「いいな」をくれる人もいるのでは。

感性が飽和したり、尽きることはないと思うよ。ただ、作者の手による殺しがあるだけだ。

かと言って粗悪なもの買わされたらムキー!となるから人間は恐ろしいし面倒だしできればあまりたくさんの人とは関係を持ちたくないと思う。と思う一方ですべての関係を遮断することはできないし本当はその必要もなく、大切にすべきと思うものや維持すべきと思えるものもある。すべてひっくるめてやっぱり面倒で恐ろしいので距離を置こう。

1+

【雑記】はじめましてをもう一度

1番最初に見た個人サイトって覚えてます?

インターネットにはじめて接続して、Yahoo!とかジオシティーズとかそのへんのプラットフォームから最初ははいったんだと思うけど、さいしょに見たサイト。ホームページ。個人の。

私、最初に見た小説サイトと最初に見た雑記サイトのこと、トップに飾ってあった絵とかまで思い出せる。マウス手書きの。昨日のことのように、は言い過ぎだけど覚えてるほう。

今でこそ日常をのぞきみるのって簡単じゃん?のぞきみるといいますか、のぞきみせられるといいますか。でも、最初「ほ〜う!」てなるよね。

他の女子グループの交換日記みるようなかんじ?しらんけど。

今でこそ見られる前提、読まれる前提でやってるじゃん?SNSとかインターネット。でもほんと、なんていうか「吐露してます感」がすごかったのね。さいしょは。

(なんかすごい年寄りくさい話っぷりだな・・・)

いやいやITの進歩すごいから仕方ない。

そのころって匿名であることにみんな救われてたんだと思う、私もだけど。匿名でないと書けねえだろこれって話がダーッと書いてあって、私はあまりプライベート書かないほうですが(だと自分では思ってるんだが)、もうほんとうにどうしようもないつらさを書いてる人とかいて、その子が私の書いた詩といっしょにお墓で眠りたいって言ったの割とけっこう残ってる。

今生きてない気がするんだけど、どうなんだろう。
生きてたら、元気だといいな・・・ってのは善人すぎるな、本心ではない。
この子が安らげているのだったら、べつに生存でなくてもいいかな、って。

わたしそういうの、あまり「絶対生きて」的なやつ、言えないや。死にたがってるひとには言えないや、ってか言いたくないや。

何かっていうと、ひさびさにログを発見してですね。ふぁーとなったので。つながりが消えても言葉は残るんですね。

絶対なんて言わないほうがいいなあ。だって、ないもん。

どうでもいいひとにだけ嘘をつこう。きっとみんなそうしてるはず。

「でもそれってひどくないですか」って、は〜あ?自分にとってどうでもいいひとでも、誰かにとってだいじなひとなんだからおまえが不安がらなくていいんだわ。そういうの、傲慢だぞ傲慢。

4+

【雑記】例外なく

やっぱりそうだ。私が好きになったものが消えたり悪いものであったりするはずがないんだ。

思考回路がサイコパスでも本当そうだからよかった〜。こんなにいくつになっても頭の中ごちゃごちゃなひとが好きって感じるんだからもう本当いいものなんですよ。私はそういうことを伝えるために言葉を捨てないでいたい。

コラムも小説もいつかAIが書く時代がくるんでしょ。てかもうそこまで来てるんでしょ。しってる!

となるとあとは主観的な好き嫌いだけですかね、ひとに残されるのは。客観的な、なんかこう大衆受けとか流行がどうなるかとかはビッグデータに任せときゃいいのでしょ。合理的だもん。誰かがガーッと言うより。

逆に言えば、主観的な好き嫌いに集中できる時代がくるってことですよ。一点集中がじょじょに崩壊して、境界のない、束縛のない、ルールのない、ゆるやかにつながる時代が幕開けます。

ひとはみな属したいものに属し、属したくなければ属さなくていいんだ。

今までは距離が近すぎたんだ。もう無謀なほど。無理でしょ、人間この距離感。近いもん。少なくとも私は無理であった。どうりで、と思い当たることが多々あるよ。

属したいところへ属していい自由だけでなく、属さない自由も選択できる。これらの自由を侵犯されそうなときには全力で阻止すること。好きなものを好きでいつづけることには誰の許可も要らないんだ。本当はね。言われてはっとするでしょ、忘れてたんだよ。ずっと昔は知っていたのに。知っていたくせに。楽な方へ流れちゃうんだから。まったく。

2+

【雑記】ペガサスのいるところ

好きでやってるひとには勝てないなあ〜。最近そればっかり感じるし言っている気がする。さらにもうすこし踏み込むと、好きでやってるってことに無自覚なひとは最強だなあ。

好きでやってることを自覚してしまうと、「いつか嫌いになるかも」って少し恐怖心が出てきたり、他人から「あなたはいいよね、好きなことやれて〜」って言われることでなんかこうネガティブな気持ちになってしまうかもしれない。

だけど、

「好き?え、自分ってこれ好きだったの?気づかなかった」

みたいなのが強いんじゃないですかねええ。

次に強いのが「好きじゃないけど嫌いでもない。でも今はこれが自分にとって1番いい方法だからやってるだけ」ってスタンスの人ですね。

好きじゃないから飽きたり嫌いになったりすることってないもん。

うーん、こっちのほうが強いかな。好きなものを好きだと自覚してしまうと、後は喪失の恐怖に飲み込まれるのを待つだけってことでしょ。ネガティブだなおい。

じゃあやっぱり好きとか嫌いで物事を選ぶのは良くなくて、合理的か実践的かとかで考えたほうがいいんだろうか。

でもそうしたら人間とは?ってなるし、何のために生きてるかわからなくなるんだけど、そもそも生きる意味も目的もなくてたぶんみんな死ぬまで暇なので生きてるだけ。それに無自覚なだけ。

えっ、死ぬまで暇なので生きてるだけ。

自分で言ってちょっと気に入った。この言い方だと生死のあいだにスペースあるよね?真空だよ、ここ真空。きっとこの部分にペガサスが生きてるんだな・・・。

4+

【雑記】ぬいぐるみの時代から

そんな執着とか愛着ないなあと思っていたけど、懐かしいもの見ると「ふおおお」ってなるな。行間ぎちぎちのテキストサイトとか。

読みづらっ!(だがそこがいい)みたいな。

便利できれいなものばっかりじゃなくて、行き来するものだと思う。流行とか時代の流れは。ずっとそうでしょ?知らんけど。知らんがな。だって、数十年しか生きてないものな。

1つ前だった、というだけで、小さい頃親しんだ、というだけで崇拝できるんだよ。

バーチャルリアリティに慣れ親しんだ人がおとなになった時に懐かしむものってどんなものだろうね。その先はどんなものが懐かしまれるんだろう?

私などはもはやできる限り生身の人間と接さずに生きていきたいなあと思っているので、だいたい思ってきたので、そういう考え方が迫害されることなく、まあべつにもてはやされなくてもいいんだけど、「ありだよね」ってスルーされる世の中になってほしい。みんなだよ。どの考えに対してもだよ。

「あ、うん。ありだね」って。干渉のない世界。まあ、なんだ、弊害とか出そうだが、弊害のない世界ってないでしょ。「きみの考え、ありだね。ぼくはこうだけど。じゃあね、元気でね」みたいな。

そもそも干渉したり批判したりするのって、自分のポジションが脅かされるかもしれないという意識がさせるんでない?

だったら人間同士くっつきすぎだからはなれたほうがいい。適度な間隔をあけて、ぶつからないように、いがみ合わないように、たとえば宇宙の星と星くらい。まあせめて存在してるなって分かる程度に見えてればいいんじゃないかなって思うんだけど、これはこれでいろーんな反対意見があるだろうし、私だって自分の考え方に異議をとなえることはできるぞ。

またぬいぐるみの時代がきて、バーチャルの時代がきて、ぬいぐるみの時代を生きた子がハイテクなバーチャル映像見て「ふああ・・・これこれ、これだよ。なつかしい。このころはみんな適度に隔離されていて、思いやりがあって、あったかみがあったなあ。バーチャル全盛期って、古き良き時代だよなあ。今は人間同士が近すぎていがみ合ってばかりいる」とか言うのでしょ。

デジタルもアナログも縫い目のように、出たり潜ったり、自分が今いる場所を否定するために、今いない場所を正当化して生きる希望にしたりするのでしょ。

はかない。

3+

【雑記】他愛もないこと。

日記らしいことも書こうかな。

・ルマンドが主食ならいいのに
・ブルボンのお菓子は皆おいしい
・プログラミング言語の勉強はじめた
・餅を食べた
・きな粉餅が一番美味しい

日記じゃないな。

今読んでる『amazon 世界最先端の戦略がわかる』がとても面白いです。私プライム会員で大活用してるんだが、こーれは抜け出せないわけだ。ついつい楽天より使っちゃうもんなー。

あー、世界ってひろいな。ひろいけど近い。自分が拒まなければ人は案外受け入れてくれるものだ。自意識過剰なんだよ。

話は戻って、ブルボンのお菓子は本当に美味しい。ルマンドも好きだがバームロールも捨てがたいな。ルーベラの繊細な感じもいいよね、持ち歩いたらぐっちゃぐちゃになるの。へー。ブルボンのサイト見てたら、アルフォートも?きどりっこも?キュービィロップも?エブリバーガーやちょこあ〜んぱんまで?!もう私が好きなお菓子ぜんぶブルボンじゃん!無自覚のうちにブルボンと共に生きてきたんだな。ブルボン様様である。今年もさぞかしお世話になるであろう(太る)。

4+

【雑記】2019.1.1

あけましておめでとうございます。
このブログも5年目突入です。
その間、いろいろありました。あなたにもいろいろあったでしょう。
これからもいろいろあっていろいろ変わるでしょう。
変わらないことが救いになることもまだあると信じて、元旦。
よくぞここまで生きてきた。誰もがそれだけで褒められるべき。讃えられるべき。

11+

【雑記】健やかの証明。

今はなんともないけど60歳70歳になったら「さみしい」ってしみじみ思うのかなあってしみじみ考えててやばい。

時間系は取り返しがつかないので。「あの時ああしとけばー!」って思い返すこと今はあんまりない。むしろ「あの時はあれしか選択肢ないだろ」って思うしあんまり振り返らない。

ほう、だと自分では思ってる。でも高齢者になってくるとちがうのか?たまに、夕方四時くらいに、横断歩道を渡ってる親子や老夫婦見てると泣けてくる。

こんな気持ちのまま殺人者や死刑の本など読んでるから赤い文字の夢とか見て「うわっ」と目を覚ますなどする。ふと虚無的な気持ちになって、憂鬱とか孤独感とも違う、ただただなんにもないなって気持ちになる。

生きていても、人間、命、なんのためだ?続く価値は?って、続ける価値は?ってなる。価値とか考え出すからおかしいんだけど。

正解がないことわかってるから人にきいても仕方ないって思うし答えを出すことを諦める。答えとかなくてみんな納得できるかどうかで答え決めてるよね。あ、それが答えか。

どんな自由も不十分で本当に人間に必要なのは死に方を選べる権利。タイミング。死に方。場所。そうすると望まぬ自殺とかうまれて殺人幇助とかなんとかかんとかが立ちはだかってダメになるのかな。そういうのも乗り越えて、いや待てよ、でも産まれるときに「産みますよ」ってきかれなかったじゃん。

じゃさ、自分の好きな時に立ち去ってよくない?

すごーく不自然な気がする。死んではいけないと他人からとめられるのって。

そして私はこういう話をしたときに「だいじょうぶ?」「あなた疲れてるのよ」って心配されるのも不本意である。

違う、そうじゃない。

夕焼けを見てうわーきれーい!なんであんな色してるんだー?絵の具でもできる?

って思うように、みんなが「なんでこうなの?」「あれは何なの?」って疑問に思うことの中に生死が含まれていて欲しい。

考えただけでタブーみたいに腫れ物みたいに扱われるのおかしくて息苦しい。

であるから詩を書くといい。SNSはつながりが多すぎる。接続点が多すぎる。

もっと、密度の低い場所で、ひとりひとりが誰へともなくぶつぶつつぶやいていればよいのでは。一見恐ろしいけどこれがほんとうに優しい世界。

たぶん。
しらんけど。

4+