No.559

水槽ごしは安らぐね
錯覚かもしれない
その可能性を残すから
あなたはきっと傷つかない
その可能性を残すから

もともと出会わない予定だった
そう仮定しよう
そもそもが道草だった
そう仮定しよう
仮定仮定と仮定にばかり頼りきり

まんまるな月が
ちょうちんのように闇をつくっている
折り紙のような黒一色を
振袖から飛び立った蝶々が飛んでいく

崩壊を待っている
誰や僕が泣いてもいい
たとえ失敗したっていい
その失敗に失敗を重ねたっていい
思うだけなら危うくてもいい

あなたがどちらを切ったとしてもいい
その手に持った銀色のハサミで
目元を隠す黒い髪や
鱗粉を残す蝶の軌跡や
背を向けあっても途切れない撚り糸
この夜を偽物たらしめる折り紙の一枚

3+

No.558

投げつけられた言葉を拾い上げ
いちいち傷つく暇はない
僕の代わりに誰かが泣くだろう
午後には干上がる水たまりの中で

好きだった
手に入らなかった
だから大好きだった
気持ちだけ宝石箱にしまい込む

たまに夢で会えたらいいな
現実ですれ違うことと変わらないから
視線は交わらないし接触もしない
あとは可能性の問題だけだ

キャラメルの包み紙を集めて
ひとつずつに文字を書く
毎朝ひとつつまみ上げて
そこから始まるイニシャルに会いに行く

普通が世界を壊して行く
構成する細胞を貶めながら
消滅したいか残存したいか
どっちでもいいよって嘘つきながら

真夜中は小鳥をさがす
心臓くらいの大きさの
それを握りしめてとくとく眠る
翌朝には冷たくなっている

花をむしることも
川をせき止めることも
小鳥を冷たくすることも
君の名前を忘れていくことも

僕には止められない
誰にも止められない
世界に止められない
命を止めない限り止まらない

ふたりは握っている
心細さのあまりにお互いを握りしめる
そうしたせいでどちらも息絶える
だから明日にはまた別の誰かが心細い

蹴り上げられても元どおり
消えても生まれる
覗き込んでは真似ばかり
僕たちがあこがれる水たまりのむこう

3+

No.557

誰もいない
灰色の空気をくぐる
街はそれでも輝いている
人類が絶滅した世界だと仮定する

初めて僕は息をする
すがすがしくて温かい
冷たくて心地がいい
公園のブランコも滑り台も

太陽が斜めに昇って影を作る
正体を見ずに影ばかり見る
ハロー、はじめまして。
あなたはこの街がスキデスカ?

たどたどしく装った人間
または、流暢に話す異形の機械
影だけでは判別がつかない
僕は返事をせず微笑み返す

気が違ったふりは少し甘い
舌の上にじんわりとひろがる
夜になると甘さは毒になるから
いろんなものを舐めては解毒する

同じ時刻どこにいても汽笛がする
なのでそれは幻聴だろう
だけど連想する記憶なんて持たない
ああ、自覚がないから幻聴なのか

お腹の底に少しずつ溜まった毒が
ようやく致死量を満たす頃
僕は計画を実行に移すことにした
丘の上の白い箱のような家へ向かう

ハロー、ごはんです。
甘くて美味しい、ごはんですよ。

ドアを開けると初恋が立っている
灰色した朝靄の中で淡く光りながら
ぼくはもうずっと空腹でいる
検分もせずにそれを頭から食べ尽くした

2+

No.556

水色の道が網目状に拡がっている
この先の不安が何も無いと知らされる
ある人は僕に水色じゃないと言う
もう少し紺色がかっていると

僕たちの眼球は不ぞろいだ
統率者もそこまで気づかなかったのだろう
重要性を感じなかったというのが近いかも
その違いが僕に少しだけ希望を持たせた

半端な希望なら無い方が幸せだと
そう思えて仕方のないこともある
作られた笑顔はそれでも笑顔で
僕に向けられる愛情を否定はしない

新しい楽しみを見つけたんだ
違和感を拭い去れない顔だ
まだこの世界に馴染めないでいる
きっとこれからも馴染めないだろう

その正気がいつか君を殺すと
ここでは違和感が異常だと
誰も君に教えられないでいる
甘い僕だけのショートケーキ

捨てていく中で僕だけ持っていた
賢くないと思ったから
夢は今日も傍観する僕を訴える
なけなしの水色で君を染めようとする

3+

No.555

むずかしい言葉
核心を突かないため
芝生にスカートがひろがる
靴底はフレアに隠している

見えない鎖があって
見えない壁があって
見えない棘があって
それでふたりは近づけないの

紫の猫が笑う
見えない棘も
見えない壁も
見えない鎖も

なんにも見えないんだ
なぜってどこにもないからだ
でも信じたいふたりがいるんだ
それで存在を許されるんだ

見えないくらいで
疑うこともない
見えないくらいで
嘘になることもない

贅沢な遊びだ
死ぬまでの時間つぶしだ
綺麗な装丁には収めてやらない
死ぬまで鏡と向き合っていろ

1+

No.554

器用でも不器用でも
何も残せない
何も作り出せない
だから言葉を紡いだ

唇があって舌があるので
心があって思いがあるので
伝えたくないことも
伝えたいことも

夢にまで見ました
現実かに思えました
さわれないから優しいのに
とどかないから欲しいのに

なんにも落ちてきてほしくなった
ずっと遠くで見ていて欲しかった
接近すれば危うくなるだけ
仕切り直しに月下でさよなら

瞬きをしたら忘れる
きれいさっぱり赤の他人
おまじないを掛け合うのに
どちらの目からも涙がこぼれる

2+

No.553

目を覚ましたくなんか
なかったのに、ちっとも
そんな目でぼくをみる
夢かそうじゃないかって

誰にも判定のできないことだよ
錯覚は救いだ
雪の上の花かに見える
血を流して倒れていても

うまく生きられない
ずっとそうだったんだろうね
これからもそうなんだろうね
そう思うことで安心がしたいね

永遠に続くものはない
永遠だって永遠じゃない
そんなものどこにもない
繋がらないでも温まりたい

願望を口にするのは
叶わないことが明らかな時だけ
あなたは裏切り役を忌避する
揃えたつま先にだけ陰ができる

光があればあるほど
明るければ明るいほど
温かければ温かいほど
その暗闇は隠しようがないのに

2+

No.552

明方に夢想する
これは誰かの夢じゃないかって
光を孕んだ
闇は静かに駆逐される

目に届くだけじゃない
あたためるために
太陽が昇って
なけなしの寂しさを拭う

遠いどこかで
あなたも見ているといい
分け隔てないこの空を
そして不自由に気づくといい

僕たちに与えられた程度に
真相は雲のように形を変えて
それぞれの感情も留まらないって
変わらないことを誠意と呼ばないで

僕が手放したもの
あなたが手放したくなかったもの
それだけで十分
本当はそれだけで十分なことなんだ

隠し事は川底から引き上げられる
かつて命だったものの形をして
大人になるなんてずっと先のことだった
僕たちは見つけて覗き込んだ

単なる死骸がどうしてあんなに
周りの風景を掠めるくらい
呼吸を忘れるくらい鮮やかだったろう?
かつて生きていたからだとは気づけない

夕日を照り返す五臓六腑
僕たちは言葉を分けた
通じるのに通じない
それよりは幾許かマシだろうと

日に縫い目などないように
変わりゆく僕たちにも嘘偽りがない
それほど高度になることはない
いつまで経っても覚束ない

死者ばかり美しいか
そんなわけはない
どちらからともなく始めた遊戯
生きている者にも手向けの花を

運命のように出会ったこと
忘れても染み付いている
こみ上げる涙は取っておく
百年後に来る再会のために

2+

No.551

欲しいもの
禁じられている
蒸留されて
宝石になるために

きみは手を伸ばす
その手で支えるんだ
支えられていると思っていただろう
きみなしで夢はこの世に居られない

目を覚ますたび無色の光が
からだいっぱい満ちてきて
おはようを言ってくる
昨日のことなんか忘れたみたいに

何度も逃げ出したのに
びくともしないで
枕元にある
不安を食い尽くしてかがやく

たまに思い出すんだ
思い出すことを忘れないよう
手のひらに浅く彫ってある
きみもいつかいなくなるって

何も特別なことじゃない
特別は特別に埋もれて日常になる
だからって平然とできるわけじゃない
生まれながらに贅沢なんだ

なのに不思議でたまらない
きみたちはまるでこう生きる
百年後も千年後もここにいるみたいに
何食わぬ顔で他人を傷つけ他人を欺く

きみたちの一生は花の一生だ
無知が癒しであることの認識すらないまま
素直になることを放棄する
それでいて何もかも知ったふうに笑う

喧嘩している間にも
沈黙を保っている間にも
時は刻まれる
残りの明日は減っていくのに

手遅れになんないように
あとで泣いたりしないように
ぼくが今きみを愛そうとして
好きだって言うと急に泣いたりする

やわらかくて弱い者、
ちいさくて賢い生き物、
きみがぼくを慈しむ時
ぼくはきみの集めた幸福にさらされている

1+

No.550

ここはあまりに色彩豊かで
どんな夢も生きてられない
誰も見ることがないならば
あなたが忘れてしまうのならば

太陽は同じ場所でリセットされた
ある人はそれを恨んだ
ある人はそれを幸せだと言った
抽斗の剃刀がひとりでに血を流す頃

まだ見ぬ接続口を探してる
仮面のままぬくもりを探してる
ぼくもまた人間ですと証明したくて
人間にだけはなりたくなかったのに

密室でカレイドスコープ
(肉体は連れていけない)
想像のプラネタリウム
(あなたが粒子に戻るまでは)

なりたかった?
なれなかった?
いいや、なろうとしなかった
それが真相、それは秘密。

何回殺した?
(何回でも)
何人死なせた?
(ぼくばかりを)。

2+
Scroll to top