【雑記】蜜の代償はさらなる不安だ覚えとけ子猫ちゃん

安室透(の声優さん)の声でオーディオブックを聞いているんだが、不安を撃退する解決策みたいので「忙しくする」って挙げられていて、あーそうだなーって思った。

暇だから不安になるし、よからぬこと考えるし、ありえない不幸をイメージするし、悪循環なんだよなー。

てことは不安てことは、まじで余裕ってことか。時間的にも精神的にも余裕があるから不安になるってことか。なので他人の不幸は蜜の味とか言ってるやつはほんとうに暇でいつでも不安になれて最高にあやういってことだから、そう思うと逆に尊い・・・かわいいな・・・。

「他人の不幸は蜜の味」とかって言ってるやつがさんざんな目に遭う恋愛小説読みたい。そんな心がスカスカのやつは不幸に由来しない本当の甘さを知るといいんだ・・・。でろでろのな。

ちなみにオーディオブックって安くないんだな。Audibleで月額1,500円。うーんと思ったけど、ぼーっと歩いてる時間とか耳が空いてるなら勉強したり知識詰め込んだほうが良いし、そう考えると1,500円くらい自分のために払おうかとも思う。

あと好きな声優さんとかで本を選ぶと良いのでは。そういう基準もあるよね。本って、いくら出会い方を変えてもやっぱり偏るでしょ。最終的に自分が選ぶから。いくら書店が奇抜なフェアやったり、「これがおすすめ」みたいなインターネット広告を偶然に見かけたとしてもさ、それを、まあ買わないでしょ。どうだ。買うものなのか。わからんが。

でも耳となるとまた違う気がするから、いつもなら読まない本も、聴くという視点で選ぶと読むことがあるんじゃないかな。

ああ、これか。

私が本当はべつにすることあるのに余裕ぶって雑記を書いてしまうのも不安につけ入る隙を与えてしまうってことなんだな。

ちゃんと集中しよう。いや待てよ、その前に昼飯にしよう(だめにんげん)。

2+

小説『逢う魔が時』

買ってもらったボールが飛ばなくて
こんどは空に向かって投げた
ぼくの名前ごと飛んでいった
いずれ落ちてくるだろうと正門をくぐる

帰り道にボールを探したけれど見つからない
ほかの人に持っていかれたんだろうな
あるいは犬とか車に潰されるなどして
ぼくはボールのことを忘れて宿題にはげむ

それから数年が経ち
ぼくは少しの変哲だけ持った大人になった
大人ってなってみると案外かんたんなことで
だけどときどき夕焼けから目をそらす

茜色の中でぽつんと電球みたいに
あの日のボールが落ちていた
ゆっくり歩み寄り拾い上げようとする
誰かの手が重なった

驚いて手を引っ込める
あの日のボールなわけないのに
自分のもののように拾おうとなんかして
ぼくはおとなの仮面をつけてから顔を上げる

失礼、

同時に発したその言葉が重なる

すみれ色の目をした生き物だった
本来ならどんな色かは分からない
茜と混じってしまってる
ただこの世界で生まれたものではないだろう

白球の主はあなたか
待たせてすまなかった
この星の空気に慣れるまで
意外といろいろ必要でな

かわいそうに
きれいな男だが頭が弱いんだろう
だけど手渡されたボールにはぼくの名前が書いてあって
仮初めのお面は音もなく剥がれ落ちた

2+

No.752

メロンクリームソーダ
くまのぬいぐるみ
ぴかぴか光る目
海だけの地図

きみを取り巻く
たくさんのものに
思いが込められていて
負けそうになる

勝ち負けじゃないのに
いちばんがよくて
いちばんになりたくて
負けたくなくて

蹴落とす強さもなくて
懇願する勇気ももてないで
気持ちばかりあって
気持ちしかなくて

怖いよ
きみは笑ってくれる
そんなの怖いよ
もしおまえが

私を選ばなくなったら?
そう考えると怖くなるよ
おまえのせいで幸せだから
これ以上不安にさせないで

ぼくたちは間違いを犯す
同じ間違いも
違う間違いも
もう一度繋ぎたくて繋いだ手を離したりとか

安心じゃないきみがいて
適切じゃないぼくがいて
人は今日も人を傷つけて
きみは今日もぼくに優しい

2+