【雑記】世界が一つのチョコレートだとして

雑記だから読みづらくて話飛ぶし支離滅裂。

スマホで書いたものとPCのキーボードで書いたものって、違う、なんか違う。だから手書きだとまた違ってくるんだと思う。そしてそれをスマホで見るかPCで見るか紙で見るかでもまた違うんだと思う。
なんだってそうだけど中身だけ、本質だけってのは無いんだと思う。そういった意味ではすべてが本質になるのかな。たとえば一種類のチョコレートがあって、それをどんなパッケージでくるむかで味や気分まで変わってくる感じ?意識的だろうが無意識だろうが人は前後含めて味わっているわけだから純粋にその本体だけって味わいかたはしないんじゃなかろうか。手触り、舌触り、耳障り。いろんな感覚器がそれをとらえるわけでしょう、そして最後に一人の脳に集約していく。同じものなんてないんだなってますます思う。同じ本でも10代で読むのと30代で読むのとでは感想が違う。だから繰り返し読む人もいるし、ふと思い立って「そういえばあんな話があったな」ってまた手に取るのかもしれない。
人間関係だって例外じゃなくて、あの時のあの人どうなったかなって思いだすのは自分が変わったからかもしれないね。ていうか変わらないものなんかないからそうなんだろう。
じゃあもう変化しないようにって時を止めてしまったり生きているものを殺してしまえばいいのかっていうとやっぱりそれでも自分が生きてる以上は思いも感受性も変質していくのだから同じ関係性をどこまでも維持するってのは不可能に近い。育むか決裂。それしかないような気がする、っていうと、両極端な二択にしぼろうとするのは神経質な人間のすることだって言われるんだろーなー優しい本の中では。それでもたまには?わかりやすくしたいんだよ。グレーゾーン拾ってたらめんどくさいじゃん。収集付かなくなる。かみ砕くことと同義なのだから別に神経質なわけじゃない、かと言って神経質なことを否定もしていないしそれは良いものを生み出すことだってあるだろう?
こうやっていくと何も否定できなくなって自分を苦しめたりするんだよ結局は。成り行き任せの恋に落ち時には誰かを傷つけたとしてもそのたび心痛めるような時代じゃないんだよ。ってこの歌詞が出たの10年以上前ー時の経過のはやさ怖い!
ミスチルである。
ミスチルといえばたぶんいちばん繰り返し聴いたのシーソーゲームでその理由は当時読んでた小説サイトの攻めくんがカラオケで良く歌う歌って設定が由来できいてた。俗物との出会いはいつもインドア生活から。たしか受けの子が蒼太って名前で攻めが将と透だったような。うん、たぶん。透が秀才クールタイプで将がちゃらちゃらしたイケメンでどっちもイケメンで蒼太が素直な普通の少年で二人から愛されまくってる疑似家族みたいな話だった。
ミスチルのシーソーゲーム、ap bankの淡路島のフェスで虹が出た回すき・・・。ラストでシーソーゲームうたってて「虹だ!」ってなるのすごい。youtubeで見れる。ん、神かな?ってなる。こういうとこから宗教はじまるんならはじまるんだろうなー、って思う、みんなが高揚しているときに天災とか天候が合わせてきたら。って思う。
それはおいといて、商売も創作も(創作も商売のうち)、長く続くものに共通してるのって「明るい未来を見せたひと(もの)」じゃないかなって感じがする。
壮絶に悲しい終わり方とか、謎を残したり、うわー後味わりーな!っていう終わり方も嫌いじゃないしどちらかといえば好きなんだけど、長く続くのって、より多くの人に愛されるのって、受け取ったひとに「明るい未来」を見せたかどうかなんだろう。短期的ならいんちき商売だってそうだよ、これを買えばあなたの生活はこう変わりますよ。って未来を見せるんじゃないか。宝くじだって車や家のCMだってそうだし、音楽も小説もみんなそうじゃないかな。まあ要するに希望を見せるものには要注意ってことだ。見せ方がうまくたって保証はないんだからな。でもそんなこといって避けてたら何も手に入らないことだけは確かなので塩梅はむずかしい。めんどくさいからひきこもる。こういった精神構造で閉じこもる。
そしてシーソーゲームの歌詞に出てくる女の子がどんな子かって考えるんだけど「愛想なし」「友人の評価はイマイチ」「劣等感を逆手にとってわがままばかり」「母性本能を隠し持ってる」「図に乗ってノーリアクションする」って手がかりから察するにキャラ性が蒼太じゃないから将→透だったんじゃないかなって今頃気づいてる。

1+

no.327

この呼吸があなたを怯えさせる
淡くむらさきに発光するからだでは
きみが真夜中を待ち焦がれるとき
ぼくはその手をとって白日の下を歩いてみたかった
うまくいかないものだね
そうやって悲劇を楽しんでいるのかもって思えてくるほどに
人を死なせるには自らが手を下さなくたっていい
ただ見ているだけでも彼らは死んでしまえるんだ
言葉をかけないことでも、何もしないことでも
命がサイクルしているという保証はない
そのおかげで命はサイクルしていると言い張ることだってできる
明日は何になろう、そう声をかけながら正反対の神様になることだってできる
ぼくは、つらい、さみしい、うれしい、たのしい、
そんなことを繰り返していたらじょじょに体が色を持ち形を持つ
存在してしまった、これが幸か不幸かはまだ分からないけれど
ぼくのずっと見ていたきみは何度でも立ち上がったね

3+

no.326

あなたの血が骨がそして願いが、あなたにとってはもうすでに重たいのだ。雪を踏みしめるにも罪を感じ休まらなかった。種を詰めた縫合跡をなぞることは心やすらかになる数少ない方法のひとつで、そればかりに夢中になっている時間もあった。ぼくは奪取することが使命で嫌われることが多かったがあなたは褒めてくれた。きみの、これはなんでもないことだってカオが、さいごにひとをあんしんさせるんだろう。言っていることはちゃんと理解できていなかったと思うがぼくをあなたの見る目は優しかった。ときどき、もういいんじゃないか、って思うんだ。役割を放棄して、すべてに背を向けても。踏み出す一歩で奈落へ行って、青い業火に朽ちることもできず、呻き声すら苦痛になるような時間に身を投じたって。想像することはそれ自体、ぼくにとって擬似的な懲罰で、だからやっぱりどこまでも臆病で狡猾なんだ、たとえ誰に責められなくても。ぼくが、あなたにとって何よりの仇であること、知ってからだ。あなたのまなざしは、ぼくを通して、あの人に向けられていたんだ。復讐を被る理由なんてあまりあるのに、ぼくの向こうにはいつもあの人がいたからだ。後悔だけで終わることができたらよかった。落としたガラスのコップが思いがけない割れ方をするように、二人の行く末は神様だって知らない。嵐が遠い。静寂はさしあたっての咎、けなげな鼓動は見返りを求めたりしないのに。

2+

no.325

ぼくのために生きているきみのいる世界が今日もぼくを殺さない。優しくて残酷で少しだけ胸が苦しい。この冬は何を残して何を失うんだろう。みんなひとつになってあったまることはできないんだろうか。答えは、できない。小鳥の胸に巣食うその体温のような、口づけ、脚の数が他と違う昆虫の成れの果て、のような初恋の残影、きれいなばかりでなくて汚されることだって経験したかったけどたやすく許されなかった、それを羨む人の少なくないことはしばしばぼくを恐ろしい気分にさせた。ねえ、きみは怖くないの。ぼくを愛することが?わたしは平気、だってもう知らない頃には戻れないもの。だったら。いっそ。ろうそくの火を隠そうとしてかえって目立たせてしまう。そんな命で、そんな崩れやすさで、どうやってこれからをつなげていくんだろう。わからない、わかることなんてなにもない。だから人は人を信じる。わからないことの中に何かひとつ、自分の意思でどうにかなるものを通したくて。きみが好きなようにぼくは自分を好きになれない。だけどきみにだったら騙されてもいいと時々思うようになっている。抵抗するなんて馬鹿げてると言えるような。いま寝がえりをうてば光が差す。まだだ。この夜を追いやるにはまだ早いんだ。そうしてぼくはきみの背に耳をつける。明日の血潮が頬を撫でるように。喉元で文字が弾けて懐かしい花の香りでむせ返りそうなほど。わかりたい。いつかきみをわかりたい。そんなふうに言えばきみは笑うんだろう。もう届いているってことだよ。主語の要らない会話。だいすき、それから、あいしています。そう声に出したら、初めてぼくがぼくのものになった。きみはまだ夢の中。

2+

【雑記】テレビ番組のこと

刑事ゆがみが面白くてドラマ毎回録画してるんだけどこれほんと面白い。私の中で永遠の瀬田宗次郎である神木隆之介が浅野忠信におちょくられながらわちゃわちゃ謎を解決していくミステリードラマなんだけど、まあ神木隆之介演じる羽生が視聴者をもっともらしくミスリードしてって浅野忠信演じる弓神がおいしく解決するんだけど何が面白いかって敢えてメインのバディに触れないとするならば弓神&山本美月演じるヒズミの関係性であるHooo!前髪短くて服装やら食べ物やらなんかいろいろ無頓着なのにハッカーみたいな山本美月が可愛くて俺は…俺はだな。でも毎晩漁ってるのは有村架純の画像なんだ…。ああ、同感だ自分でもやばいと思う、いろんな意味で。これ原作漫画読めば色々わかるんだろうけどたぶんなかなか読まない。

そして今日はWOWOWで録画しといた安室奈美恵の25thアニバーサリーライブ観てたけどちょっとわけがわからなくなるくらい彼女は二次元なのかな?かっこよくてかわいすぎた。アラフォーで息子は成人しててデビュー当時の映像見てもぜんぜん古臭くないし年とらないどころかむしろ輝きを増してて「すげー」となった。大ファン!てわけではなかったけどやっぱりすごい人であった。あんな体型ありかー。生きているのが信じられないくらい二次元。

すぐ二次元かって言うのボキャブラリーなさすぎてやめたいけど自分の中で他にしっくりくる言い方なくていつも使ってしまう。要は怠け者なんだ…。

あとマツコデラックスがやってる夜の東京を徘徊してる番組も好き。なんか夜の街って人がいても落ち着く。とか言いながら日付変わる前にはお布団かぶって眠りに落ちずにはいられないんだがな。夜の街とは程遠い人生だからこそよそから補給しているんだろう。

以上、さいきん見た・見てるテレビ番組について。

2+

【雑記】なにやらアツい

バリエーションとか角度の問題で新しい作品が発生するのであってずっと同じこと書きたい気がする。「それ」が何かははっきりと分からない、分からないから続いてるんだろうけど。ずっと睡蓮の絵を描いてた画家いるじゃん。あのひともたぶんそうだったんだと思う(?)

全部自分でできるひとなんていないから、自分でするところと他人に任せていいところを区別しておくといいんだ、自分の中で。ここだけは自分でしないと気が済まない、とか、要はそれが自分の得意なことで本当にやりたいことなんだから。それにエネルギー注いだ方がよほど良い。それ以外の部分は別の誰かにとっての「本当にやりたいこと」であったりするのだから、それらが合わさった方が絶対にいいものができる。あとはそういう人たちとどう出会って目的や過程を共有するかなんだけど今は言わずもがなインターネットというとても便利なツールがあるので使わない手はない。

これもう性格もあるんだろうけど私は匿名性の保証によって得られる効果ってすごい信頼してて、それによって実生活ていうの?普通の社会じゃ発揮されない部分が、人材が、持ってるもの発揮できんのなら社会にとってすごくいいと思う。世渡り上手や社交性の高い人間の持つエネルギーってすごいんだけど、それにハンデ感じてるひとだって能力はずっと優れてるケースだってあって、そういう人の声ひろえる仕組みがあれば絶対いいと思う。そしてこんなことは私が今更熱弁するまでもなくたくさんの人が理解してて動いてるんだろうけどあらためて思う。

今の会社や学校が居心地悪くてもそれだけで脱落者って呼ばれるの馬鹿げてないか?ましてや自分でそれを受け入れるとか?クズなわけねーじゃん。「うるせーバーカ」って心の中で思いながら立ち去れば良いんだよ。たったひとつの環境にそぐわなかったくらいで何が脱落だよ狭い世界に生きてんな、アデュー!てな。むしろそんなすぐ適応できるわけねーだろー、て思うし、探してみたら絶対あるから。そして昔に比べて絶対に土壌は、選択肢は、増えつつある。もったいないから絶望すんな大丈夫。内向型の未来確保できない環境や組織なんかいずれ詰む。まだ言語化されてないもの、表出されてない思考、どれだけあると思ってんだ。ちなみに私は知らんがたぶん、えーと、かなり、うん、けっこうある(適当)!

まずは自分を殺さないところから。

3+

no.324

ぼくたちは互いの殺意を見せ合った
だからって変わる出来事はなかった
手を繋いだって体温まで移せないのと同じで

あの灯台はもう光らないね
掠れた声が感情もなく告げる
その横顔を盗み見る勇気はまだない

およそこの世に生きており
一度も愛する人を刺してみたいと
思わないやつなんているんだろうか

読めないラベルのマッチを擦る
そして後悔する
こんなにかなしい旅を始めてしまったことを

会うもの会うものこじれていた
大きな絶望を覚えた
だからといって飛び降りるまではなかった

強欲な風はすべてを持っていこうとする
今は遠くなってしまった誰かのマフラー
首元に結び直して弱い熱を集める

手品師のトランプのように
繰り返しシャッフルされても
限られた枚数だから必ず巡る

使わなかった切符
使えなかった切符
星を砕く時きっとあんな音がする

差し出せるものがないぼくたち
顔を覆う包帯をはずしていった
それは致命的とも言える譲歩だった

だってもう怖くないんだ
きみを信頼することの代償が
失うことでしか満たされないなら

奇跡に背を向けたつもりで
まだ許されたがっている、その役目を
きみに預けてみたいだけ
ぼくに委ねてほしいだけ

2+

no.323

破壊されなかった塔
神格化されて不本意は籠の中
鍵は王様ごと国外追放
年号の変換
ルビーの瞳
反射する海のように豊かな髪
待ちわびて充血の瞳
誤字の反乱
愛しい、かなしい
ぼくがきみを産みたいのに
なぜあのひとから産まれたの
名もない草に音楽を与えよう
夕日に色を与えよう
そうすることで支配しよう
誰も騙されやしなくとも
時計の上でひなが孵る
それにはあってはならない器官がある
驚いて鏡の中に逃げ込んだ
あの日からずっと出られないんだ

2+

no.322

階段の先にドアがある
かかとを追いかけてここまで来た
何度目かで掴み損ねて
正体を教えたくなる
雪は夜半に降り始めた
ほら、またあの日だ
ぼくはまだ繰り返すのか
なぞり過ぎた順序は空で言えるほどだ
あなたが振り返る
逆光で見えない
ぱたぱたと涙の粒が降ってくる
スローモーションで七色にきらめく
ぼく一人のものだろうか
そう疑わずにはいられない
そんなさみしさが流れ込んでくる
握り返そうと思った手が
好きだよと言って突き放す
すがりつこうと思った背中が
凍えたコートを置き去りにする
あきらめられない
幻だとしても消え切らないせい
かんたんに捨てられない
他人が呆れれば呆れるほどに
ぼくの始まりを見ていた
そして終わりを見届けた
あなただから
星になるわけがない
海に溶けるわけがない
ましてや魔法に姿を変えたりしない
ぼくは誰よりも知っているんだ
その歪んだ唇が本当は笑っていたこと
野生の動物みたいな目がぼくを肯定していたこと
あなたの不在を認めたくないだけのぼくが
作り出したまやかしだったとしても
きっとそう振り返るだろう
きっとそう告げるだろう
それを知っているから眠ったりはできない
好きだよと言って突き放す
ああ、回想はまた振り出しに戻る。

2+

no.321

熱がさがらない日々に退屈して
ひとりでサーカスをみた
知っている顔を見つける
チケットには羽が生えて飛びまわり
ここがどこかも分からなくなる
一歩踏み入れたらぼくは異人
かなしい空中ブランコ
裏切りのナイフ投げ
気高く孤独な金色のライオン
彼らからはみんなの笑顔が見えている
あとは少しの恐ろしい期待と
だけど予定通り着地しておじぎする
観客は自分の中に芽生えかけた
おぞましい気持ちに気づかず
それを抱いてもとの生活に戻る
ぼくもそうなのか
ぼくもきっとそうなんだ
蛇でも飲んだみたいだ
ビルの清掃員
初心者マークの運転者
ベビーカーに眠る赤ちゃん
蛇でも飲んだみたいだ
眠れば元どおりになるんだろうか
眠ればサーカス会場に戻ってしまいそう
蛇でも飲んだみたい
蛇でも飲んだみたい
そうだ、蛇を、飲んだんだ
もう行かない
サーカスなんて行かない
違う、二度と行けない。

1+
Scroll to top