【雑記】なにやらアツい

バリエーションとか角度の問題で新しい作品が発生するのであってずっと同じこと書きたい気がする。「それ」が何かははっきりと分からない、分からないから続いてるんだろうけど。ずっと睡蓮の絵を描いてた画家いるじゃん。あのひともたぶんそうだったんだと思う(?)

全部自分でできるひとなんていないから、自分でするところと他人に任せていいところを区別しておくといいんだ、自分の中で。ここだけは自分でしないと気が済まない、とか、要はそれが自分の得意なことで本当にやりたいことなんだから。それにエネルギー注いだ方がよほど良い。それ以外の部分は別の誰かにとっての「本当にやりたいこと」であったりするのだから、それらが合わさった方が絶対にいいものができる。あとはそういう人たちとどう出会って目的や過程を共有するかなんだけど今は言わずもがなインターネットというとても便利なツールがあるので使わない手はない。

これもう性格もあるんだろうけど私は匿名性の保証によって得られる効果ってすごい信頼してて、それによって実生活ていうの?普通の社会じゃ発揮されない部分が、人材が、持ってるもの発揮できんのなら社会にとってすごくいいと思う。世渡り上手や社交性の高い人間の持つエネルギーってすごいんだけど、それにハンデ感じてるひとだって能力はずっと優れてるケースだってあって、そういう人の声ひろえる仕組みがあれば絶対いいと思う。そしてこんなことは私が今更熱弁するまでもなくたくさんの人が理解してて動いてるんだろうけどあらためて思う。

今の会社や学校が居心地悪くてもそれだけで脱落者って呼ばれるの馬鹿げてないか?ましてや自分でそれを受け入れるとか?クズなわけねーじゃん。「うるせーバーカ」って心の中で思いながら立ち去れば良いんだよ。たったひとつの環境にそぐわなかったくらいで何が脱落だよ狭い世界に生きてんな、アデュー!てな。むしろそんなすぐ適応できるわけねーだろー、て思うし、探してみたら絶対あるから。そして昔に比べて絶対に土壌は、選択肢は、増えつつある。もったいないから絶望すんな大丈夫。内向型の未来確保できない環境や組織なんかいずれ詰む。まだ言語化されてないもの、表出されてない思考、どれだけあると思ってんだ。ちなみに私は知らんがたぶん、えーと、かなり、うん、けっこうある(適当)!

まずは自分を殺さないところから。

SNSでもご購読できます。