雑記

なんでも書きます。何気に一番人気あるカテゴリー。

1+

【雑記】緊急速報で死ぬかもしれない可能性について

私いつも思うんだがスマホの緊急速報鳴るとさ、もしその時自分が凶悪な殺人鬼から逃れてる最中で今まさに出入り口一個しかない密室で息を潜めて隠れてる最中だったら居場所教えてくれてしまってどうしてくれるって思うって思うんだが。そこまでなくとも色々あると思うよ。浮気中に本命彼女帰ってきて慌ててクローゼットに隠してる人とかさ。今の音なに?!えっ、俺には聞こえなかったけど。あのクローゼットに誰か隠したでしょ?いやいやいやそんなわけねーし!じゃ見ていい?ダメだよ!なんでよ何もないなら見ていいでしょ!何もないんだから見る必要ねえだろ!うそつき!あっ、おいバカやめろって!バカって何よ!とかね。あるいは誘拐中の赤ちゃんを寝かしつけてやっとスムーズに移動できるって思ってたらあの音で起きちゃうとかさ。音が鳴ったら針が出てくる部屋の中でゲームしてる時とか(なんかこういう映画見た気がする)、人間だからいろいろあると思うよ人間だから。なあ緊急さんよ。心臓とまるおもた。

1+

【雑記】ワイヤレスイヤホンに感動してるだけ。

AirPods(iPhone純正ワイヤレスイヤホン)のキャッチコピー「ほとんど魔法」ってんですが、いやーさすがに大げさでしょう?はっはっはっ、でも17,000のイヤホン買っちゃうもんねー。

つってマジ魔法かよ。

ってなってた今日初めて使ってみて。

これまでイヤホンはコードがあるもの、片耳ずつ指してる推したち尊き〜って妄想はかどってたのにそもそもコード要らねえとかねーわって?結論、ありありでした。耳から外したら一時停止?耳はめたら再生?片耳ずつ電力残量表示してくれんの?え、知らなかった頃には戻れないやつじゃん…トントンってタップしたらSiriちゃん起動?(この設定は変更したけど)イエス、OKグーグル(?)!

こうなってくると空飛ぶ箒も透明マントもそのうち出てきそうですな。

1+

【雑記】ただパソコンの話してるだけ。

iMacにウィンドウズ10入れるのに成功した!結論から言うと非常に簡単。途中で「んっ?」てなったけどライセンス入力せず進めてただけ。ミス。かかった費用は新規ライセンス代17,000円。新たにPC買い足すより経済的だったな。場所もとらないし、よかった買わなくて。iMac電源入れてマックかウィンドウズか選択可能で作業途中での切り替えも可能。これでMMDできるぞ。インストールできなかったあれやこれや、諦めてたあれやこれやもできるぞ。…って事態になると途端に何もしたくなくなるのは人間のサガなのか己のサガなのか。こうやってみんな死んでくんだろうな、やろうと思っていた、いつか取りかかろうと思っていたんだ…って言いながらな…。強いて言うなら画面の解像度しっくり来ないところあるけどまあ許容範囲内かな。やはりMacは優秀だった。#結論。自我が芽生えた頃から?ずっとウィンドウズだったけど何が優れてるってMac製品は型落ちしても価格がそれほど、馬鹿みたいに落ちていかないことですな。メルカリ見てても「へー」て値段で売買されてるしそういうのウィンドウズにはなくない?知らんけど。次に欲しいのはAirPods。新型の噂あったけど別に気にならないからもういいかな。まだっぽいし。こうして生活がリンゴに囲まれていく…。

2+

【雑記】ばいばい、ホームボタンちゃん。

iPhoneからホームボタン無くなるのか。Gizmodoのこの記事好き。物理への安心感、帰路への保証。まさにそれ。物理も壊れるときは壊れるのになんだろうね。時代が変われば物理に拠り所を求めなくて平気な世代が出てくると思うと急に年寄りじみた気分不可避。
そういやiMac使い始めてしばらく経ってから遅ればせながら驚いたのは「意外と使えない」ってこと。マックが使えないと言うよりマック非対応のソフトがあまりに多かったということですな。マックはいいんだけどウィンドウズ優勢過ぎてその状況を調べもせずiMac買ってやったぜうえーい★てなってた自分情弱すぎる。なんかイメージない?マック=なんでもできる。っていう。マックでできることは大体ウィンドウズでもできる。でも逆がないこともある。ウィンドウズでできてマックでできないことは多い。むー。こうなったらiMacの隣にウィンドウズPC置こうかな?!トレーダーの部屋見たくなるけどな?!っていろいろ調べてたらすっげーいい話きいた。それは、マックパソコンで仮想ウィンドウズ環境つくることであった。あーーーなんで知らなかったんだ。やばい新たに買おうとしてた。マウスとキーボードとデザインはマック好きだから、でも中身はウィンドウズが慣れてて…ってキメラ的展開なんとかなりそうで良かった良かった。…なんとか、なる、んだよな?とりあえずやってみる。そしてさ驚いたのがそもそも若者はパソコン持ってないってことですよ。いや、普通の若者がスマホで満足、事足りるのは分かるけど3D動かしたり動画編集までスマホでやるってほんとか。もうね、おじいちゃんびっくりしたわ。そうはいってもやっぱりパソコン欲しいなーって声が多数だけどそのうちさ、それこそもう物理デバイス消えるのではないか。頭でイメージしたものがそのまま他人や公共と共有できるようになるの。ドラえもんの世界にあった気がする、考えが吹き出しになって他人にさとられてしまうやつ。ほんとサトラレの世界だよ。そしてそれを取り締まる法律とか守護的な立場の人や組織が出てきてみんなわーいってなったらそいつらが実は黒幕で国家転覆をもくろむ悪の組織でその上層部と情弱庶民のBL読みたい。「俺にはおまえの考えなんか手に取るように分かるんだからな…ククク」って悪役攻めの脳内に屈託無い受けの好き好きオーラが雪崩れ込んできて赤面するのかわいくない?自分への誹謗中傷にまみれてると思ったら好き好き大好きメッセージがだだ漏れで許容範囲オーバーヒートのほっこりはん。うーん、どうだ、どっちがいいか?どっちがいいと思われますか?攻めの脳内に受けの思想が雪崩れ込むのとその逆では?砂原糖子さんの小説で似たようなのすでにあったな。設定違うけど相手の考えてること流れ込んでくるやつ。しかし不便性の風流ってあるよね。ある程度のめんどくささや障害がストーリーの要ってやつ。スマホの登場で消えたトリックや不可能になった設定っていっぱいあるじゃん?「え、スマホ使えば万事解決じゃね?」みたいなの。テクノロジー発展の陰では陽の目を見なかった多くのストーリーがあることにも思いを馳せて欲しいなと思うこともありますし思いを馳せたりするんですよ。暇人ではないですよ、毎日めっちゃ忙しかったり昼寝したりはまあしてますがね。

はあ。秋めいてきた。

1+

【雑記】夢中にならなきゃ生きられない未来。

ちょっとするはずのことをする予定がなくなったからブログを書いていますが、読んだりもします。米津玄師さんのLINEBLOGの感じがけっこう好きで、いい歌作る人はブログまで良い感じなんだな。うむ!てなりながら、読んでますが。去年8月記事にこういう文章あって「それだ。」て、なる。

親が近所の人に「うちの息子は全然駄目で〜」みたいなことを言ってる姿を見て、お前が育てたんちゃうんか、と憤ったことを憶えている。それ以来こういう謙遜文化は悪だなと思うようになったので、自分が作った音楽にはいつだって胸を張って「美しい」と言ってやろうと思っている。むろん美しくないものを出してるつもりもないけど。

LINEBLOGには千眼美子さんのブログあって何気なく読んでたらけっこうあかるく幸福の科学ネタ書いてて「そうだな。」ってなった。メディアがさんざん叩いた人もそのあとの生活があって楽しいこと楽しいって感じながら生きてて、いや幸福の科学についてあんまり知らないけど、もういいじゃん。てなった。個人のブログっていいね。マスメディアが植え付けたいイメージとぜんぜん違うんだもん。テレビでガーッと言われてる人がブログやSNSでピカーッと光ってるとほんと希望だなって思うし、これが強さだと思うな。中央集権は(マスメディアはもう崩壊してるかもだが)、どんどん時代遅れになってって、一箇所停電したら全部だめになってしまうような時代は、もう、なくなってくんだよね。分散化だよ。

誰かが植え付けようとしたイメージに踊らされることも泣かされることもないし、反論したければ自分のメディアで反論ができる。し、見るほうもそれを一次ソースとして尊重すべき。どうだろ、みんなはどうとらえてんだろ?かつてのマスも昨今ではだいぶ「この流れやばいな」ってんで視聴者やSNSに寄り添った(媚を売ったような)あり方に変わってきてるように思うし、データ活用とも言えるんだけど、マスはマスにしかできないことするともっといいのでは?「お、やるじゃーん」ってなるのでは。隷属的にならずに。追従じゃなくて差別化といいますか、なんかできるのでは?それが何かはここで考えることをしないしべつに期待もしてないが。

ただ、「こういう世界あるからこっち来ればいいじゃん。」て言える、いろんな選択肢が並んでる状態の時代って、もっと色濃くやって来ると思うのね。うん文章おかしいね。直さないけどね。

これまではマニュアル通りにできる人がちやほやされたけどもマニュアルは人間がこなすべきことじゃなくなってAIの領域になるから今後は好きなこととことんできる偏執狂の時代になってくのね。で、そうすると取り残される人種がどんな人種かというと「好きなものがないひと」「夢中になれるものがないひと」なのね。時間を忘れるほど打ち込みたいことなんてない、仕事がなくなったら何をしたらいいかわからない、何をしても飽きっぽいし熱中できない。こんな人がこんど路頭に迷うのね。で、となると将来のペテン師像もイメージができてくるぞ。「あなたを夢中にさせるもの見つけます」とかさ。「あなたが本当にやりたいことをあなたのオーラから見抜きます」的な?さ。みんな夢中になりたくて、夢中になれるものに恋焦がれて、夢中になるためならなんだってする!っていう、夢中になる対象を見つけたい症候群に一斉に陥る時代がドーンとくるのでは。想像でものを言います、ええ。そういう場所ですからな。

だからそうなると夢中格差ですよ。世の中は大夢中戦国時代になって、いかに好きなことに熱中できるかで人間はランク付けされて何においても夢中になれない人は落語者で這いつくばって生きてくしかない的な。えっあなた会社も行かず四六時中ゲームしてたんですか?羨ましいです!どうしたらそんなに夢中になれるんですか?どうか僕にも教えてください今日からあなたを師匠と呼ばせてください死ぬまでついてきます!って段階までいってしまったらこれはもう夢中コレクターという亜種ですね。そんで夢中になるためのノウハウ蒐集家として国内に名を馳せるんですが世界は広い。もっと頭のおかしな夢中コレクタがいてそいつはなんつうかもう「夢中になったものへは命を差し出すのも厭いません!」と言いながら死ぬのね。それにエモさを感じて後追いする若者が続出してもう地球人口激減するから。そうしたらそろそろ人々も熱狂からさめて「あれ……おれたちは、一体何を……」あたりを見渡すと無数の死体。その体じゅうに「夢中」の文字がびっしりと入れ墨されているのであった。

って時代が?

A:来る
B:来ない

ファイナルアンサー?

2+

【雑記】フライパンでバッティング。

自分が昔書いた話好きすぎて泣いた。

って、馬鹿っぽいけど幸せなことじゃありませんか?何回か同じこと言ってるけど、自分が肯定しないことには、自分が「ふぁ……イイ♡」って思えなければ、続かないでしょうよ。根拠なき自愛の重要性を認識すべき。愛も自信も根拠がないから愛や自信になるのであって、むしょうに謙遜したくなるのも人前だからでしょ。いや謙遜したって分かるからね、謙遜=自分の作ったものが駄作だと本心から思っているのではなくて、差し出す相手への働きかけですよ。

「私、料理つくりました。自分で味見した時めっちゃうまかったです。だけどあなたの味覚よくわからんからあなたが美味しいと感じることができるかどうかは私の預かり知るところではない、てか知ってたら怖いやろ?ん?なもんで便宜上謙遜して差し出しますが劣悪品ですって紹介してるわけと違いますよ勘違いしないでね」ってことでしょ?でもこれが逆になると危ないんだよ、逆ってなんにせよ危ないっすね。逆流。逆走。逆探知。うん危ない。

「私これ美味しかったからあなたにも口にしてほしくて差し出してみたけどどうやらあなたのお口には合わなかったみたいで吐き出してしまいましたね、私料理人失格なんでもうでしゃばりませんね料理つくりませんね、だってあなた吐き出したから」。

って逆転発想になると今度は大変ですよ。あのね、だって、ないがしろにされる人間が多すぎるんすよ。

あなたが料理をやめたことで誰かが幸せになるか。たぶん、ならない。もしかしたら「まっずい料理食わせやがって、ぺっ!」って人は多少せいせいするかもしらんけど、あなたが料理をやめたことで幸せになるってところまでたぶん面倒見切れんのね。ていうか気にしてない。

にもかかわらずあなたはフライパンを捨てる。

こうすると、今度は飢えて来る人が出てくるわけです。3タイプも。

1.あなたの料理を食ってたひと(「うまい」と言う言わないにかかわらず)
2.あなたの料理をこれから食っていたかもしれないひと(とりわけ「うまい」と感じる味覚の持ち主)
3.あなた自身

ほら、こんなに。やばいでしょう。こんなに多くの人が、あなたがたった一人の人間から「まずい」言われたことをきっかけに料理やめたせいで飢え死にするんですよ。平気ですか?生きていける?あなたはそれでも 人 の 子 か !

ってなるでしょう。

でもある種仕方がないとも言えるんですよ。なぜってね、クレーマーは文句言うけど、受け入れる人ってとりわけ何か言うわけでもないから、なのね。「うむ。今日もうまい。ごちそうさま」。おわり。

これじゃあ、料理人が「まずい。」のたった一言に過剰反応してしまうのもある意味仕方がないと言えて、なのでちゃんと愛を示そう。おわり。

2+

【雑記】恒例の結論。

10年以上前ちょっと交流あった方が(と一方的に思ってるだけかもしらんが)好きなもの扱う実店舗ひらいてて老師のような気分になった……ああ、老師ってこういうかんじなんだろうな、「ほほう、あの子が、あれをああして、ああなったのだな……」っていう。

唐突だが私のリサーチ力けっこうあるからな。人間よりパソコンと向き合ってる時間のほうがよほど長い人間だからあらゆる手段で探し出すからな……ククク。というのは冗談にしても、ふと思い出して「あー、あの人どうしてるんだろ?」って思った時に、あ、ほらネットに一旦流れ出た情報は消えないっていうじゃないですか。ACのCMとか。まあ危険性を訴えるためにそう広告するし、プライバシーに関しては確かにそうなんだけど、実際消えるのね。矛盾してるけど、拡散されることがなかったらやがて消えるのね、データって。誰かに守られなければ、しばらくは廃墟や荒れ地のように、原型をとどめながら朽ちたり朽ちなかったりするんだけど、それすらなくなってくのね。で、「あの人の作品にふれたい!」ってなった時に、最後の消息まではたどり着いても「あ。ここまでだ」ってあるでしょう。他のジャンルで他の名前で生きてはいるんだろうけど、そうなると足止め食らった感はんぱなくて、あーあのときもっとちゃんと好きだったって伝えておくんだった、って1ミリくらい思ったりするからこれはある種恋愛感情なのかな?人は消える。形あるものはいつかはなくなる。そして思いだけが残る。これを実感してるのとしてないのとではおのずと愛で方も変わってくるはずだよ、伝えるべきだよ。

「私は好きだ。」ああ、この一言でどれだけ励まされることでしょう!じゃそれ気軽に「いいね」で示せるSNS万能じゃね?ってなるでしょ。はい、きた(?)。わかるんです。私もSNS結構アカウント作っちゃ消し盛り上げちゃ消しやってるのでその良さも便利さも拡散性の半端なさも実感した上で言いますが、ちょっとやっぱ違うんですよ。て言うと旧式思考ってことになるんすかね。んーいや、どうだろ?SNS疲れとも言われるし、なんだろうな。避難所って嫌じゃん?ん、話題切り替え唐突?まいいや。避難所って数日間が限度なのね。ストレス。仕切りって大切なのね。ある程度隔絶されているおかげで人は人らしく、自分は自分らしく生きられるのね。てことはSNSむき出しすぎませんか。柔肌晒して歩いているようなさあ、見ててひやひやしますよ、おっさんだから。そら疲弊するでしょう。なので一枚、二枚、衣を羽織るべき。自己防衛だよ。くたびれないための。くじけないための。無駄にしないための。仕切って、不便を作り出すんだ。不便がきみを守ってくれることもあるので。隔絶を否定しないで、塀を立てるんだよ。オープン・イズ・ベターでもベストでもなくて。

わたしほんとそれ思うなー。無理だよ限界があるもん。人間が液体ならいいけど固体でしょ。混ざり切ったり融和することってなくて、せいぜいすり合わせてくくらい、それもどちらかが必ず我慢をしている。無理があるんだよ、学校や会社だってそうだよ。たまたま同じ時代に同じエリアで産まれたってだけなの。会社となるともっと自発的とか主観的かもしれんけども、それでもやっぱり無限の可能性の無限の選択肢から自由に選んだわけじゃないし選ばれる立場だったんだから学校とそう変わらないのね。じゃ、無理。だってそうだよ。いじめ?なくならないよ。無理だよ。うつ病?なくならんし。平等?平穏?みんななかよく?はい、むりー。そうじゃなくて、適当にやり過ごす姿勢を学ぶ場でしょ?幻想を抱くから裏切られたり「うまくいかない」って思ったり死んでしまいたいって思うんだよ気づこうよ。むしろ、団体生活でうまくいくっておかしいんだよ。適当に集められたメンバーでさ、友愛とか絆とか生じるの不気味だよ、フィクションだよ、へんだよ。うまくいかなくて当たり前だし、それができないから粗悪品って短絡的すぎるでしょう。まずは思い込みを捨てるんだよ。いいんだよ。いいんだ、とわかった上で、でもやり過ごすんだよ。学校も会社も人間関係学ぶ場所じゃないんすよ、気に食わない環境をいかにやり過ごすかを模索する場所でしょう。ほんとそうだよ。

結論:あなたはなんにも悪くない。よって死ななくていい。

百年もすりゃどうせ死にますけど?それでも今手を汚しますか?私いつもこの結論。何の話してても。何の話だったか忘れたし読み返さないから軌道修正もできないです。したがって、ここでおしまい。

2+

【雑記】イメージを反転するということ。

テレビやスマホをぼーっと眺めている時って自分の中に大量の情報や意見が「流れ込んでくる」イメージでそれまでいたんだけど、それで「受動的」って言葉を使うんだけど、あ、本を読む時とかもね。受け身だなって。でもそれってそうなのかな?「吸い取られてる」「搾取されてる」ってイメージもあらたに浮上してきた。私たちはぼーっとしてる時でも実は何かを見ていたりさ、考えていないような時でも受け止めていたり晒されていたりする。その時、スポンジが水をじわじわ吸収するイメージ?まだマシ?でも実際は、ぎゅーーーっと吸い取られてるんですよ。時間や命が。そう思うと、うわっとなって、まあ、うわっとなっただけ。特になんもしないけど。動き続けることはできないし。生産性のあることばっかできないし。合理的なことばかりじゃいられないし。くだらないことや無駄なことやそれはやめとけってこと続けてしまうのが人間だし。これ村田沙耶香さんの『消滅世界』って文庫本を読んでて思った。家族制度が今と違ったパラレルワールドなのね。その世界では男女みんな避妊されてて夫婦間の性行為は近親相姦なの。で人間同士恋愛してもいいんだけど多くの人がアニメキャラとか愛してる。ほー。ありうる。って世界なんだけど主人公はキャラを「キャラ」っていうのに抵抗あるのね。本気で好きになった相手だから。そんで、まあ、旦那とキャラとは?みたいな会話をするんだけど「人間はキャラを自慰に利用してるだけだ」ってあって、でももう一つの意見は「搾取されてんだ。気づかぬうちに経済ベースにのせられて」みたいな、そういう。これなんかほんとそうだなって面があって、そうだな、って。それだけ。適当にあらすじ書いてるから適当だけど。

全く同じことを語っていてさ、一人は足すイメージで、でも別の人は引くイメージで。これってすごい。同じものを見てるつもりになってるだけで、まあ、見てるんだけど、真逆って。これが何重にもかさなって、だから「わかってくれる」「わかってほしい」はとことん幻想だなって気づくべきだし、でもそのいっぽうで「わたしはこう考えることで絶望した」「そう?ぼくはこう考えるから希望を抱いてるよ」って言えるわけで、白黒あって白黒つかないんですよね。人間は我慢できないはずだよ。だってグレーゾーンが得意な人っていないじゃん。どっちかだと確信して安心を得たい。なのにみんなばらばらのことを言う。だけど分かり合いたい。あああ人間ってほんとめんどくせえなもう隠遁したほうがマシ!てなったのが現状の私ですね。長い自己紹介であった。

今日はこのお話を紹介。
最後5行が自分が書いたものじゃないみたいで好き。自分が考えそうにない考え方で。波に乗ってグイグイ書いてるとたまにこういうことが起こる。ここに落ち着いたんだ、ていうの。そういうのがあるから、やみくもに吐き出すのも悪いことではない。われを失うことも、グレーゾーンを突き進むことも、たぶんあんま、そんな、思ってるほど悪くない。少なくとも思ってるよりは。だって根が心配性じゃん。どいつもこいつも。もちろん自分も。なので想像したより悪いことなんてそうそう起こらないよ。まったく起こらないとも言えないが。

クーラーが 壊れたままで 秋の風。

2+

【雑記】優しさが優しいとは限らない。

闇の力ぽいものを、軽視したり忌避したり、ましてや打ち消そうとして抗うことはないように思う。楽しいという気持ちや好きだという感覚を自然なものとして受けいられるように、その逆もまた受けいれなければ、人として嘘であるように思う。それは自分にとって好ましくなかったり、一見不利であったり、周囲に露呈したら恥ずかしいことのように思われる。そういうわけでひたすら隠したくなるかも知れない。だけど、どんな感覚であれ生じたからには自分がそう感じたはずで、しかも意外とまじでこいつをうまく利用することで、より良い方へ、より高みへ行けることがある。コンプレックスや、嫉妬心など。復讐心とか、あいつを見返してやるんだという気持ちとか。こういう感覚は抱いていても仕方がない、際限がない、そんなもの捨てて自由になれという人にたまに会う。きっと誰でも。だが、そんな時は、果たしてそうだろうか?と、思って欲しい。それは自身の中にある「こんな感情捨てたい」「苦しい」「恥ずかしい」に一致するので、その人のいうことはさも正論であるように感ぜられる。その人こそ自分を正しい方向へ導く救世主なのでは?とすら思う。だが待てよ、と、ふと思って欲しい。それ以前に。その感情が、感覚が生まれたのは何故か。それをよく知りもしないで「自由になりたい。解放されたい。美しい心の持ち主になりたい」と思って捨て去っていいのか?てか、できんのそれ?幸せを噛み締めている時に笑うなと言われたら腹が立つように、マイナスの感情が湧いた時にそれをただちに捨てろ解放されろ自由になれと言ってくる人物に対しても、また反感を抱かないと嘘では?どちらも自分のものだからだ。助言してくる人がどれだけ善意で、または悪意で歩み寄ってきているのだとしても、思考の持ち主はいつだって自分だし、自分でなければならないと思うからだ。すぐに共有して分かち合って励まし合ってたしかめあって舐め会うような、絆。絆って、きもちわるいや。って、わざわざ口に出す必要もないけど(なぜなら本心から絆が必要な人もいる)、違和感を抱いて欲しいんだ。もっともらしくても、正しくても、優しくても、好意的でも、善意でも、一瞬「うーん。それは、どうかな」っていうのを。他の種類の感情と分け隔てなく、難しいのだとしても、自分に生じたものであるなら、全部なにかのメッセージだとして、自分だけで受け止める夜があって欲しい。すぐに救いを求めるのでなくて、それぞれひとりで泣く夜があって欲しい。雑多なようで、潔癖すぎるよ。ごちゃごちゃしたものに対して。シンプルなものは羨ましい。しかし簡単に操作される。俺の人生に口を出すな、くらいの気概は、心のどこかにあるといい。

3+

【雑記】ひふみん

漢数字の「一」「二」「三」って眺めているとなんだか人間の原始的な部分が見えて好きになるんすよね人類。だって1を「一」と書くとする、って単純キュート。すっげ分かるわ親切。そんで2を「二」と書くとする、って愛くるしいかよ。一を2つ並べたら「二」て。単純愛くるしい。そんで3を「三」と書くとする、ってキューティーハニー?で4でいきなり「四」にしたのなんでだよwww急にインテリぶって法則ねじまげてんじゃねえよwwwこれまでずっと横棒の数で数えてたじゃん、それをさあいきなり。「四」って、パッと見で分かるの法則どこいったしwww

ははは。

…ふーう。

はーあ……。

生理痛つら。ひさびさに重いやつ。

でも身体的に不調な時の感性ってバカにできないんすよ。普段思わないこと思ったり、おかしくもないことで笑い出せたりするからね。気をそらすために人間に備わった本能的なあれこれかもしれんので、皆さんもそう思って乗り越えるといいよ。

そういえば、このお話は、生理が重かった日に書いたやつなんですよ。もう13年前の夏なんですけどね。……ええ。……えっ!じゅうさんねんて、おま。

過去作品すこしずつ紹介していくスタイル。

そう。今日は、学園を舞台とした少女コミックの王道設定を調べたりしていたんですが、とかく虐げられたがりなの何でだろ。ドS王子とか、腹黒俺様キャラに「もっと言って〜」な受け身体勢になりがちなのなんでだろうな。ディスりではなく生物学的に何かあるのかなって純粋に疑問。そのくせ徹底して根拠を調べるほどやる気があるわけでない。ある種「尽くしてくれ」感があるのかな。ドSって能動的じゃん。ドMって受動的じゃん。壁ドン「されたい」。顎クイ「されたい」。働きかけて欲しい、私待ってる、尽くして見せて、私の前に傅きなさいよ。って逆に精神上は上からなのかもね。上から目線で来させるという支配権とでもいいましょうか。たぶん主導権奪いたいとまでは思ってないんだよ。「楽しませなさい」って気質じゃない?むしろ、これ。これだからドMはおそろしいなあ。しかしある地点からドSを屈服させたいという欲求に変わるでしょ?少女コミックや文庫にありがちな俺様キャラ見てると(はあ……何を偉そうに。いい加減こいつ屈服させたい)となって、少女たちはそこまで見越してるのでは。「お前は俺の犬なんだから絶対服従だろ」?あっそ、じゃあライオン連れてくるねー♪つって顔面蒼白にさせたい。わっかるかな?女性の中にはいずれそういう傾向が生じるように仕組まれてて全部伏線なのかな、って思うことある。これがBLなんだろうね、この走りが。もともと人間って女性主導のほうがうまくいくのでは、合理的なのでは、ってーとまた◯◯主義とか言われるのでぼやっとさせときたいけど。フィクション見てるとその葛藤があるなって思う。

結論:腹黒俺様キャラは原則受け。

ふむ。言葉にすると真新しくもなんともないね。何年も前から見聞きしてたことだよ。この界隈では。

2+