no.18

ぼくたちの町の真ん中にある
緑色のガスタンクは卵みたい
何年も何も生まれては来てないけれど
もしかしたらもう空っぽかもしれないけれど

それにはちいさな梯子が付いていて
許されればてっぺんに行けるようだ
ぼくたちはそれを禁じられているけれど
いつか登って見下ろして飛んだりとかしてみたい

そばの倉庫で首つりがあったみたい
いちばんいい夜を選んだよ
誰もが眉をひそめながら笑うなかで
本当に素敵に感心してる人だっている
いちばんいい夜がみんなに訪れるといい

そう思える一日がまたあるといい
誰かが誰かを殺したときだけじゃなく
たまに不定期にぼくを襲うといい
えたいの知れない愛みたいなものだとか

あふれればいい
排水口が詰まったみたいに
綺麗じゃないところからふいに
何かの間違いみたいに

流れに逆らって方向転換する
信じたものを疑うわけだから
棘がささったりするけれど
抜かなくても死なないでしょう

顕微鏡の奥に広がる世界
誰から何をされても嫌な顔ひとつしない
それはぼくの特技であり生存条件だった
きみの細胞とレンズ越しに目が合う
バラバラのときだけはみんな可愛い

SNSでもご購読できます。