no.213

おやすみなさい
まぶたを縫い閉じるものが
虹の光だったころ
誰かの宝物だった僕

おはようございます
色とりどりの花弁の墓場
目に映るものが潤んでいる
誰かの懐かしい幻だった君

Scroll to top