no.193

誰が意味を求めても何もわかりませんってゆう。どこも痛くない。どこも苦しくない。何もかわっていないのにからだはこんなにもすこやか。「何も変わっていない」だって?なにも?映す目が、伝える神経や、受けとめる心が。すべての針を知ってそのままであるってことが。新しいと旧いは優劣と関連ない。美しいひとが一瞥するけど記憶には残らない。誰のためにもならないことが僕のためになることもあるのだ。誰も救えないままのきみでいることがきみ以外を生かすこともあるのだ。アンチーヒーロー、検索結果の出てこないことが稀有性の証明ではないよ。アンチヒーロー、次の春で欺かれない目はないよ。世界は一瞬で変わってしまう。虫の羽ばたきひとつ、きみや僕の瞬きひとつで。そう、ケーキは最初から鼻先にあった。銀のフォークが無くたって食べるんだろ。約束したじゃないか。飲み込むんだよ。

Scroll to top