no.118

鉛筆の芯が震えている。先端で光がはじけてひとつひとつが思い出になる。ここまで繋がってきた血をないがしろにすること、それだけが自由な特権。お金にはならないこと。誰かを笑わせることにもならないこと。色彩が空を行ったり来たり。天下では発火と折檻の繰り返し。暴発。静寂との境目には頭の悪い鳥が住んでいてかなりでたらめな歌を歌う。何も証明できないことが何かを示唆する。新しい夜明けに法を犯す。真面目な目。異常を感じさせない佇まい。断水したままの浴槽。流せない体液。腐る排水管。爛れる初恋。あと何回見送ったらいっしょに行けるんだろう。挙げ句の果てに何になろう。

SNSでもご購読できます。