No.611

金魚に酸素を与える
平穏に向かい投石する
あなたが呆れ返る
どうしようもない盗癖持ち

みんなの幸福を信頼しない
あなたにも信頼して欲しくない
おそらく長続きしないから
十五のぼくが笑うかな

綺麗事って優しさだった
きみにとってそうあるように、と
綺麗事って弱さだった
私に降らなかった光が降るように、と

おとなは臆病
子どもは危険
大層距離があったね
わかり合おうとするには

人知れず更けていく夜はない
ぼくの孤独もあなたの涙も
裏側の誰かの糧となり鼓動となる
気づかぬうちに境界なんて溶け切って

大丈夫、
打ち明けられない秘密も
だいじょうぶ、
一瞬でも空気を震わせたなら星になれる

新しい明日くらい迎えられるよ
なんてことない幸せが始まるだけ
今は怖かろうが嫌だろうが
黙ってぼくに愛されると良い

額をくっつけておいて
見つめ合わなくて済むように
やがて名前を思い出したら
見知らぬぼくにも愛をおしえて。

SNSでもご購読できます。