No.584

いつか好きだった
きみをぼくが好きだった
青と赤だけを使って
いくつも図形を切り抜いた

ぼくたちの隠れ家だよ
ほかに許されたのは
ぬるい風と野良猫
ミルクの匂いに月の光

眠りに落ちる前は甘い
これで最後かも
次はないかも
って、想像すんだ

そしたらほらね痛くない
悲しくもなくて
闇がきれいだなって
光がなくて優しいなって

どんどん忘れていくんだろう
波が浜辺を寝かしつける
夢のようだね
長くないよね

いつか好きだった
きみをぼくだけが好きだった
もう一度恋に落ちたら
運命くらい信じてあげる

つないだ手に血が走る
ナイフだって持つのに
文字だって書くのに
いつも誰にも伝わらないのに

Scroll to top