No.582

積まれたがらくた
砕かれてどきどきする
あれはいつかのぼくだ
あるいは明日のぼくかもしれない

悪い想像ばかりするんだ
失望したくなくて
負けたくなくて
まだ誰か信じていたくて

結果を考えていないふうで
都合よく解釈してたんだ
これから新しいね
新しくて監視しやすい命だね

神さま、そんなもの役に立たない
体温計のほうがどれほど正確で
嘘が下手なぼくを守ってくれたことか
このまま死ぬのもありだよって

もう足止めされたくない
自分勝手に予測した結末で
手遅れになるのは嫌だ
あなたが笑えない世界は嫌だ

願わない人になりたかった
だけどなれなかった
それが答えだ
分かってたのにってあなたが笑う

生きていたんだ
息をしていたんだ
すみれ色に満ちた水槽
種の起源を呪いながら

あなたにとっては実験の過程
これで何か明らかになるのなら
また生まれてきてもいい?
また息をしてみても、いい?

Scroll to top