No.558

投げつけられた言葉を拾い上げ
いちいち傷つく暇はない
僕の代わりに誰かが泣くだろう
午後には干上がる水たまりの中で

好きだった
手に入らなかった
だから大好きだった
気持ちだけ宝石箱にしまい込む

たまに夢で会えたらいいな
現実ですれ違うことと変わらないから
視線は交わらないし接触もしない
あとは可能性の問題だけだ

キャラメルの包み紙を集めて
ひとつずつに文字を書く
毎朝ひとつつまみ上げて
そこから始まるイニシャルに会いに行く

普通が世界を壊して行く
構成する細胞を貶めながら
消滅したいか残存したいか
どっちでもいいよって嘘つきながら

真夜中は小鳥をさがす
心臓くらいの大きさの
それを握りしめてとくとく眠る
翌朝には冷たくなっている

花をむしることも
川をせき止めることも
小鳥を冷たくすることも
君の名前を忘れていくことも

僕には止められない
誰にも止められない
世界に止められない
命を止めない限り止まらない

ふたりは握っている
心細さのあまりにお互いを握りしめる
そうしたせいでどちらも息絶える
だから明日にはまた別の誰かが心細い

蹴り上げられても元どおり
消えても生まれる
覗き込んでは真似ばかり
僕たちがあこがれる水たまりのむこう

Scroll to top