no.84

まだ渇いているって言う
何一つないくせに
足りないものなんか何ひとつ
ありはしないくせに

困らせることが好き
そう思っている自分を続けたいだけ
何もわからないころではない
すべてを敏感に感じ取っているけれど

通り過ぎる子どもの手が
やわらかな花をむしって歩く
いま自分の手を引いているひとが
薄暗い部屋でどうなるか
あなただけは本当に知っているんだ

飢えた目だけ通して
きみを見ていたい
唯一からはずれないで
ぼくの信じるものでいてほしい

西から東にかけて乳白色がのびる
誰かにとっては残酷な一日の終わりに
嘆きを許さない肯定がある
絶望を見放す広さが繋がっている

見渡す限り無関係な天空の下
数え方がきっかけで
いつまでももつれ合うぼくたち

満たされない目だけを通して
ふたりだけを置いてきてほしい

ぼくにはつくれなかった世界に
きみだけでは成り立たなかった夜に
神さまを呼べなかった日々に
微笑みかたを間違えた最初のころに

SNSでもご購読できます。