【雑記】フライパンでバッティング。

自分が昔書いた話好きすぎて泣いた。

って、馬鹿っぽいけど幸せなことじゃありませんか?何回か同じこと言ってるけど、自分が肯定しないことには、自分が「ふぁ……イイ♡」って思えなければ、続かないでしょうよ。根拠なき自愛の重要性を認識すべき。愛も自信も根拠がないから愛や自信になるのであって、むしょうに謙遜したくなるのも人前だからでしょ。いや謙遜したって分かるからね、謙遜=自分の作ったものが駄作だと本心から思っているのではなくて、差し出す相手への働きかけですよ。

「私、料理つくりました。自分で味見した時めっちゃうまかったです。だけどあなたの味覚よくわからんからあなたが美味しいと感じることができるかどうかは私の預かり知るところではない、てか知ってたら怖いやろ?ん?なもんで便宜上謙遜して差し出しますが劣悪品ですって紹介してるわけと違いますよ勘違いしないでね」ってことでしょ?でもこれが逆になると危ないんだよ、逆ってなんにせよ危ないっすね。逆流。逆走。逆探知。うん危ない。

「私これ美味しかったからあなたにも口にしてほしくて差し出してみたけどどうやらあなたのお口には合わなかったみたいで吐き出してしまいましたね、私料理人失格なんでもうでしゃばりませんね料理つくりませんね、だってあなた吐き出したから」。

って逆転発想になると今度は大変ですよ。あのね、だって、ないがしろにされる人間が多すぎるんすよ。

あなたが料理をやめたことで誰かが幸せになるか。たぶん、ならない。もしかしたら「まっずい料理食わせやがって、ぺっ!」って人は多少せいせいするかもしらんけど、あなたが料理をやめたことで幸せになるってところまでたぶん面倒見切れんのね。ていうか気にしてない。

にもかかわらずあなたはフライパンを捨てる。

こうすると、今度は飢えて来る人が出てくるわけです。3タイプも。

1.あなたの料理を食ってたひと(「うまい」と言う言わないにかかわらず)
2.あなたの料理をこれから食っていたかもしれないひと(とりわけ「うまい」と感じる味覚の持ち主)
3.あなた自身

ほら、こんなに。やばいでしょう。こんなに多くの人が、あなたがたった一人の人間から「まずい」言われたことをきっかけに料理やめたせいで飢え死にするんですよ。平気ですか?生きていける?あなたはそれでも 人 の 子 か !

ってなるでしょう。

でもある種仕方がないとも言えるんですよ。なぜってね、クレーマーは文句言うけど、受け入れる人ってとりわけ何か言うわけでもないから、なのね。「うむ。今日もうまい。ごちそうさま」。おわり。

これじゃあ、料理人が「まずい。」のたった一言に過剰反応してしまうのもある意味仕方がないと言えて、なのでちゃんと愛を示そう。おわり。

Scroll to top