no.432

人体に珊瑚色は備わっていない。きみはぼくを凡庸にしてしまう。泣くこと、こんなに簡単だったんだね。壁なんかなかった。見えないものを勝手に見る目が、真贋を見極めるふりをしていた、他に使い道のない特権で。

夏になると現れるぼくの人魚が、もうシュートできないバスケットボールを抱えている。卵を守るみたいに。楽園は液晶の中でじゅうぶん美しいからわざわざ本物を見に行く必要はなかった。ワンルームで、溶けない氷にシロップをかける。月額4万円の。

人魚は断罪のためなんかじゃなく、他愛もないわがままを言う。そしてぼくには拒否しない自由がある。永遠なんてどこに見つからなくてもいい。いつだって感じることができるんだから。シアンが足りない、この、他所者を迎え入れるにはあまりに怪奇なこのワンルームパラダイスにおいて。

まばたきするたびに鱗がオーロラに光ってる。痛いです、神さま。はやく終わりにしたいです。そう、これも、わがまま。以前の、言葉、の遊戯。子どもみたいにいつまでも無頓着なわけじゃないよ、きみがもう履かなくなったシューズを壁にかけっぱなしでいるのは。優しくならないでほしい、許すだなんて言わないでほしい。王子様になれないなら、ずっと嫌われていたいんだ。

泡にならないよう、消えていかないよう、きみが期待したってぼくは裏切らない。それがぼくたちの過ごす楽園での、たったひとつの、さいしょでさいごの、破ったとしても誰にも裁かれない掟。小瓶の底にいるのと変わらない。悲劇とは思えないでたゆたっている。

夢に見ながら。口ずさみながら。たまに目配せをして。笑い合ったりもしながら。運命、なんて、すごくどうでもいい。心底どうでもいいです。名前なんて剥奪してもいい。ぼくが加害者であろうが、きみが被害者であろうが。まるで過不足がないね。だけど人前では悲しい顔をしていようね。だって、平気だろう?

SNSでもご購読できます。