no.49

怖い、それはとても怖いことだよ。鉄塔の足元で数名が作業をしている。僕から見て小さい、とても小さい。彼らがせっせと動き回り、何かしら同一の目的に向けて力を合わせているという光景が、不十分な青空とともに肌にしみてくる。小さいものは、たとえその小ささが遠近法によるものだとしても、なんと愛らしいんだろう。だから僕は人や世界を見るとき、少し、いやだいぶ離れたところから見るべきなのだろうし、そのことは、見られる側の僕としても良いことであるはずだ。優しい景色はやがて裏切る、優しさゆえに僕に、優しさを求め始めた僕に、欠如を思い出させて狂わせにかかる。眩しいものを嫌いになっていくこと、柔らかなもののせいで治癒不能の傷を負うこと、場合によっては滑稽で、僕の不自然はわざとと思われることもあるだろう。それならそれでいい。僕は決して翻弄されたのではなく能動的に滑稽なのだと、そしてそれが誰かをいっときでも優越に浸らせ前を向かせるきっかけとなるのならば、それでも。きっと。美しいと感じるものから目を背けること。優しいものからできるだけ離れて行くこと。僕にとってそれは自己防衛であり我儘の一形態でしかない。それでも輝くものは輝くけれど。振り返った時に、いま見たことを後悔するような鮮やかさで貫くけれど。絶望に見舞われないために希望を捨て去ること。奈落に失墜しないために暗闇へとこの死に損ないを引きずること。そのどれもが、僕が得難く感じているこの世の、いわゆる幸福と変わらないくらい、瑣末で、差異の乏しい一事象に過ぎないものであること。それが、それだけが君を生かしているんだ。ちゃんと当てよう。君は笑いたいんだ。いま。笑って。

Scroll to top