no.381

大丈夫だ
そう祈り始めると
たちまち弱くなる
壊れるのが怖い

夢のせいにしちゃえ
テーブルから蜂蜜をこぼせ
痕跡を残すな
あなたは存在をしなかった

外に出て自分の影に怯える
さいしょは何もかもがそう
何が美しいと言えるものか
何が醜いと言えるものか

あなたは裸足を守るために靴を履く
あなたは光が眩しくてサングラスを買う
そうしているうちにだんだん慣れてきて
蜂蜜の部屋で暮らしたことを忘れる

春には春の
夏には夏の
秋には秋の
冬には冬の

あなたに会って記憶を塗り重ねて
百年の約束よりも
千年の誓いよりも
守りたい今に気付くんだろう、おめでとう

悪かった、
少しくらい後ろ髪を引いてみたかっただけ
蜂蜜の部屋の住人はあなただけじゃない
今日みたいな午後に懐かしむ人はみんなそう

Scroll to top