no.44

君に告ぐ
早くくたばって
僕が願ったように
傷つかないために

いつか人を傷つける
備えた強さは
やがて崩れ去る
ひたむきに信じたものは

そうじゃないと言う
そう信じたいひとが
僕について嘘を言う
騙されるべきではない

磨耗して衰弱する
翻弄されて見失う
不信に陥り貶める
自棄になり均一になる

離脱の合図
迎合における霹靂
生きていけるわけはない
明日を願うことの弱さ

這い上がる腕で
もしかすると触れられた頬
後ずさる脚で
ほんとうは歩み寄れた初恋

愛と呪いの匙加減
呪縛しろ
くたばれ
落ちろ早くこの手のひら

Scroll to top