【雑記】ひさびさにPCから更新してみる

ブログのリンクが突然切れたりドメイン変更したり一時的にごちゃごちゃなったけど記事下のハートマークがクリックされていてうれしい。分析ツールなど付けていないので、あれを応答とみなしている。ハートマークはワンクリックで「読んだよ」を伝えられるとっても便利なツールだから押してごらん!

いろんなものに手を伸ばしてはすぐ潰したり逃げ去ったり別人のようなことをしているけど戻ってくる場所はいつもここなので収益とか採算度外視は当たり前の純粋な思いの向く先であって欲しいと思っているし、そうしていく。

もうね、紫の上なんだよ。光源氏にとっての。何かいいもん見つけたら絶対いつかここに上澄み持ってきて還元するんだっていうのが裏モチベーションなので秘密基地みたいな、だけど入りたいひとがいてくれるのだったらいつでも入ってきてくれていい。鍵はかかっていない。だからってこまめに返事もしないけど。拒んでいるわけではなくて勝手にふらふらしていってくれれば良い。見える人にだけ見えるランドマークになりたい。拡散する気はないけどでもまったく読まれないのは嫌だ。

ちょう我儘だよ、ちょう。
ここがあるからいろいろ平気で殺さずに済んでるっていうのはある。ずっと。あった。

なんだか今日は切実ですな。たぶん秋のせいだ。

ワードプレス勉強してるけど奥深いなあ…。どんどん「ああいうこともできる」「こういうこともできる」ってなってってインプット収集ついてない感じで辛い。今日も朝8時から14時間くらいPCさわってる。気づけば一日2食。これこれ。この病的になってくかんじヒャッハー。

そしていつもはスマホから更新だけど今日はひさびさにPCキーボードにて操作。手の動きとても楽になって手術前のスピード取り戻してるから脳味噌と肉体ほんとすごいと思う。神様マジすげーいるって思う(単純)。でもこの考え方のまま欲深くなるんじゃなくてまた別の何かが欠けた時に「ああ、これはあの時の回復の代償だな。了解した。もう十分です」ってなりそうな自分が頼りなくていやだ。「なんでだよおおお!」って憤怒できる人になりたい。それはそれで大変かもしれないが。

チョコレート・パニックシリーズ書いていた頃がいっちばん手が動いていてピークだったからもうその頃の快適な速度には戻らんだろうと思ってたけど今また同程度まで持ち直してるからほんと日本の医療すごいと思いましたまる。それを思うとさ、スポーツ選手とか老人とかさ「もともとできていたことができなくなる」ってのはすごい苦痛で絶望だよね。回復にお金と時間を費やすべきなのかどうかって誰にも分らないから悩むところだよね。自分のやり方あってんのか、とか。これは最適な選択肢じゃないんじゃないか、とか。寺田寅彦が「健康な人には病気になるという心配があるが病人には回復するという楽しみがある。」と言ってて、なるほどそれはそうだって納得したけど、その楽しみが必ずすべての病人に与えられるものでもないって考え出すと止まらなくなって考えがユニバースなって秋の夜長つらい。

打ち切り。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*