no.264

近しいものを探している
いま周りにあるものから
目を逸らして
誰にも敵意を見せたくなくて

卑屈な微笑み
誰のために生きたかったか
忘れてしまいそうになる
そんな時はもう早く
分からなくなって

いっそ、

透明になりきれない透明
無名になりきれない無名
ぼくは誰にもなれないし
誰にも本当はなりたくない

集荷人のもう来ない
青色したポスト

誰にも言えない秘密
捨てられた船の模型
風に飛んでった麦わら帽子
蝶々追いかけた緑の網
最底辺にはぼくの
何にも溶けきらない骨のかたまり

届かなかった思い出は
それだけで輝く
果てのない直方体
生は朽ち果てることがない
配達人は待っているのに

Scroll to top