no.92

いなければ
ぼくが
あなたの道の上に
いらなければ

よかったのに
そしたらそんなに
たくさん失うことも
なかったのかな

だけど言う
あなたは言う
失ったものはひとつもない
失ったことは一度もない

からのてのひらだから
空がつかめるという
星にも届くと
あなたは言う

ぼくの目をみて
ぼくにも笑って

それで知る
みんなのものだと
思い出す
他人のものだと

うぬぼれるところだった
また落ちるところだった

どこまでもこのままで行く
どんなはじっこまでも
ぼくはひとりで歩いていける
そのことだけは誰にも邪魔をされない

Scroll to top