No.579

あんな人になりたいんだ
きみがそう口にするたびに
死んじゃいたいって思った
朝にならない夜を行こう

団地の壁に太陽が反射してる
聞きなれない靴音
聞きなれないことにしたかった
気分まで分かる靴音をたてて

今日も誰かが愛をする
昨日も誰かが愛をした
めくらましで強がりで
寂しくていい加減に

分かり合えないね
この気持ちも考えも
分かり合えたと思った時
ふたりは永遠にふたりなんだね

じゃあひとつがいいな
摩擦がないから
そして何より愛がないから
ひとつでいることはまとも

まともな光を避けて夜を歩く
そのうちに光が分かる
それが何だったか
それが、本当は、何だったかが

それは甘え
それは手段
それは祈り
長い秘密を明かすための、ずるい言い訳

Scroll to top