No.577

ぐわんと鳴った
頭の中が
あるいは視界が
簡単に倒れた

人はかんたん
かんたんに、つくられる
かんたんに、こわされる
生き死には非常にかんたん

神さまを信じる人が怖かった
なにを言っているんだろう
なにを見ているんだろう
いないのに、そんなもの、いないのに。

好きを殺すのはべつの好き
あなたが思いを遂げたために
あの子はひとりで泣いたんだ
ないよ、美しくない、わけがないよ

叫びも衰えくぐもっていく
まともでいたいと思ったがために
あなたは気づいてはいけなかったのに
備えてはいけないものを手に入れたんだ

白いつま先がぼくの前で止まる

だいじょうぶ、
きみもいつかわたしたちみたいになれるよ。

きれいな表情で教えてくれる
ああ、出会った、また、信仰、だ。
それを優しさだと感じてしまった
もう生きる理由はないって確定する。

Scroll to top