no.74

掌に包んだもの
指の腹で撫でた記憶
どんな
どんな形でもいいから

壊したいと思う
僕だけのせいで
それが壊れたらいいと思う
一瞬にして永遠に

名づけられる間もなく
認められる隙もなく
眼差しと眼差しの溝で
予感の組織に落ちぶれて

輝かないように
息を潜めておいて
見つからないように
生き延びておいて

あとすこし
ほんのすこし
それで
それから

真犯人にして
僕だけを
たったひとりの
最初で最後の

優しい優しい三面記事
忘れ去られる幸福への淡い期待
儀式と呼んだら騙されるかな
人間はいつもかたまっていて可愛いね

Scroll to top