no.365

ぼくが全部たべてあげる
きみのたべられないもの
とげとげした陰口や
ちくちくした記憶もぜんぶ

本当はあかるい
ほんとうに明るい
きみが生まれた場所で
千の花が枯れたんだって

おとぎ話って好きだろう
誰だっておんなじ
悲しみはかくれないし
おおかみはいつも悪者だ

なりたいものがわかるね
希望なんてたやすく手に入るね
雨のようにふりそそいで
きみを天高く取り戻したい

Scroll to top