no.203

こっちを向いてと君は言わない。私を見てと君は。意思のない粒子が整列して誑かしたり自慢をする。柔らかい眼球はそれを信じてすくすく肥えてゆく。できるだけ遠くを見晴らせるようになることが嬉しいことなのか、それとも悲しいことなのか分からない日は、分からないなりの顔をしていれば良い。通りすがった誰かは最後まで自分を守ってくれる誰かではないのだ。溺れた先には溺れたなりの景色が広がっていることは間違いがない。それを正しく万能に審判できる人のいないこともまた間違いはない。ご存知と思うが僕たちは一瞬の慈しみを繋いでどこまでも歩ける。そうやって今まで延長をしてきた。今日を生きなければ未来はない。すぐの明日がどんなに美しいとしても。

0

no.202

敵だ敵だみんな死ね死ね地球割れちゃえって時とみんなすきすき大好きいとしい尊いあいしてる知らない人も嫌いな人もみんな幸せになって世界平和になってって時が波になって訪れるけど大半はそのどちらでもないニュートラルな状態。そしてどんなタイミングで出会ったひとも予想よりはるかに優しいこともある。し、そうでないこともある。当然に。約束なんかするから、信じたりなんかするから、裏切られるんだ。って言い分はまあそうだなと思うし言い方は違うかもしれないけど突き詰めて言えばそっちを支持するほうの人種かもしれないけど声を大にして否定したい日もある。そんな悲しいこと言うんじゃねーよと反発したい日もある。かと思えばすべてどうでも良くなってどこまでも続く線路や水平線をぼーっと眺めているだけの一日だとかあるいは積極的に俗世に関わっていきたくて本を読んだりバスに乗ったり音楽聴いたり飛行機を降りたり映画を見たりしている。やがてそんな日々にも嫌気がさしたらまたぼーっとして昔の出来事を思い出している。自己啓発に目覚める時期と芸術かぶれしたいだけの時期と可愛がりたい時期と可愛がられたい時期と一般的になりたい日とまるでそうじゃない日と、同一人物の同じストーリーなのかな?寝て起きてまた寝るから一本の人生は何回もまな板の上でトントン切り刻まれてばらばらになって関連性とか一貫性とか望めないのじゃないかな。だから自分以外の相手や第三者を困惑させないために仮面をかぶったり平然としたり突如として突拍子も無いことを口走ったりする。自分を捨てない人の執念が恐ろしくてそいつ化け物と思うからどっか行け。行かないならこっちがどっか行く。そして菜の花をたどっててくてくどこまでも行くけど全然悲しくならないから「あれ?だいじょぶか?」って逆に自分のこと心配し始めて、だったら最初からこんなことするなよなーったくもー。て言われても仕方ないけど首をかしげる。でもやっぱり自分が平気なら平気だから誰かのためや、こうであるべき、といった自意識の皮を被った常識などのために何も曲げたくない。とは言え生きづらいとまで追い詰められるのならば機械になって乗り越えるのもありだよ。曲げられない自分のためにわざわざツッコミどころ盛りだくさんな人間になること、ないない。みんな平和に生きて死ねって思うけどそんなこと言ってるうちはまだ結構行ける感じのとき。鉄塔の上部から舞い降りたものがあって、そこでようやく私は発地点付近をうろうろしていた黒点があの同級生であったと知るんだ。

0

no.201

板チョコを板のまま食べる喜びというのは確かにあってそれより大きな喜びなんて面倒くさいしそれを、それだけを至上だと思っていたい。電気ストーブ。片付けどきが分からなくなって膝を抱えている。骨。季節外れのおもちゃが壁に飾られていて感覚を疑う。舌。安易に不調をひけらかすことは本人のためにならない。インターネット上で見かけた水難事故。十年以上前の八月。ぼくが子供だったころ。あなたがぼくをまだ知らないころ。いくつかの家族がバラバラになって生存者はキーボードにかじりついている。画面で知る生い立ちと事件の経緯。慰めてくれるくらいなら忘れてください。河津桜、あなたの目元を隠す花吹雪。忘れてください。忘れてください。忘れてください。跡形もなくなるまで。ぼくの命は丈夫で少し寝ない食べないくらいでびくともしない。肌は張って瞳は昏く輝く。膜一枚隔てた世界であなたは解剖を続けてください。ぼくに未来を教えないで。

0

no.200

ぼくにいちばん大切なこと
毎日でも死ねって言ってる
だけど生まれた以上みんな死ぬから
わざわざ言わなくたって叶うんだ

チュチュとダイヤモンド
ブラックホールとキャンディ
きみを探してみた
目の前にいるのに

プラモデルとマカロン
ディナーとセンチメンタル
お誂えの夢
真夜中に撃ち壊したい

同じことの繰り返し
近所で鳴り響くサイレン
きみのこと知らない
玄関できかれたらそう答えておくよ

膝に貼った絆創膏
いつの間に怪我をしたかな
ぺりりと剥がすと星がこぼれて
もう一度しっかりと栓をした右足の甲

0

no.199

一瞬でも影を見せたものを
知らないふりできない
飛び起きて明かりをつけて
震えながらつなぎとめる

僕は一つの体でしかなくて
魂なんかどこにもないから

いっしょに溺れることはもうできない
だけど僕が僕から剥がしとった言葉に
たとえばきみが捕まることができたなら
そこから浮上が可能なのかもしれない

だからこの鱗はそのままきみの体
影が深く沈み去るのを眺めたりできない
そのたびに命が強張って息を忘れる
それをキャッチしないことで
永遠に失われる機会に

それすらも誰からも知られることはない
僕のすることはたいしたことではない

いつ見てもアウェイのきみが
少しずつ言葉を漏らしながら
確実に空気を身につけていく

平気な顔は寂しいよ
溺れることは望まなかったくせに

ほら、もう身動きが取れない

落下する鱗に夕陽があたって歌がほつれる
近づいた顔がまた遠ざかって光が千切れる

ほら、もう何もかも沈んでいった

0

no.198

誰にも負けないものがあるなら胸を張って言うのに。だけどそれが見つからない間は何も言わなくていい。探していることを理由に何もしなくていい。わかっているよ。意味のない回り道だって。秘密は祈りに匿われてどこにも到達しない。置き去りにされた何かみたいさ。腐って、滲んで、やがて消えてしまうだけの。不都合をまとったまま腕を伸ばせるほうが正しいに決まっている。佇まいだけで悟ってもらおうなんて無謀にもほどがある。君ならわかってくれるはず。君ならわかってくれないと嫌だ。薄紅の花弁の奥に隠れていくこの光景は早送りなのか巻き戻しなのか。現実にいま見えなくなっていく。いつか忘れたことも忘れてしまうんだろう。ひるがえったプリーツスカート、紺色の。覚えたままにさせてはくれないんだろう。白い肌。その下に血が流れているだとか。証明なんてどこにもないんだ。二人が一緒にいた時間の。僕にだってそんな確信はない。君はどう。君も同じように幻だったの。

0

no.197

またひとつ壊れた。昨夜の書きかけが自意識を恥ずかしくする。身の回りに散らばるものが無関係に感じられる。これは誰のスケジュールだ?鏡に問いかけても問いかけ直されるだけ。その不思議を今はどうこうしたりはしない。壊されていく街と新型ロボットのニュース。毎朝味の違うコーヒー、夢を書き出すノートが切れた。指先から流れ出した血を見ながら朝が削れ出す。この朝の削りカスは金魚鉢へ入れた。金魚は二倍に増えた。誰かの微笑みが僕にとっては不安を呼び覚ます材料となる。それが終わりませんように。それが終わりませんように。誰の幸せを願えばいい。僕の幸せは誰かが願うだろうから同じようにしないといけない。頭で考えながら、そんなわけはないと分かっている。ひとつひとつの当たり前が手のひらから溢れる光景にただ呆然とする。生き残ったことに対して。僕には分からない。長く考えていられない。無我夢中で頬張ったコーンフレークをぼたぼたと床に落として泣いてみる。惨劇になるように。できるだけ惨劇に。ここに救済を呼び込むために。異変を感じたヒーローがやって来て無断で玄関から上り込む。
おはよう。おはよう。
君の満たされない孤独のために僕はまた新たな一日を始めたよ。
褒めて、守って、繰り返して。
美しい青い目で外の世界を語って。それからこの部屋の様子を見て。
忌み嫌われた関係性。花弁の奪われた残り物。スープを食べるために野菜を買いに行こう。ヒーローのすることじゃない。人参を切って。玉ねぎの皮を剥いて。だってそれしかないじゃない。世界はロボットが立て直すんだしおれにはこれ以上のタスクは無いんだ。

わかってくれよ。
わかっているよ。

0

no.196

年中流れている無声映画。四辺からなる音の牢獄がぼくたちを照らそうとしている。ちいさな宝石の鎖をちぎって。消えない魔法の世界で、消せない魔法の世界で。負けたひとが次の手をさがしているあいだにまた道に迷うよ。行き交う人の顔にふたりの終わりが書いてあるから俯いていて標識を見失う。でもそれって好都合。つたない手書きの切り取り線は何も知らない。足並みを揃えて崖っぷちまでスキップしたいな。このまま見え透いた旅路なら。後先考えてストーリーの始まりをぶち壊す。僕のスカートの中で君は泣く。だからここに現実なんかない。君の唇は僕のかさぶたの味がする。舌はないんだけどふとそんな気がしたんだ。風に乗ってナポリタンのにおいがする。きっとどこにもないお皿をさがしてあちこち旅をしたいな。ようやくそれを見つけた時にはまた新しい幕が上がるんだろう。そしてふたりは笑いながら。

0

no.195

だって毎秒新しいんだもん。ちょっと不自由なくらいが本当に自由だったんだって、選択肢の少ないほうが都合がいいんだって、そういうのさいきんすごく頷いてしまうのって老化、いやいや自分の性質が把握でき始めていることだと信じたい。浴びるようにシャーっと吸い込むの得意だったけど、なんかもう、鈍感でいたいモード。こんなにものがある中でどうやって自分の足りないものみんなさがすんだろう。さがすものじゃないからそもそもおかしな疑問である。欲しいものは何もないけど作りたいって欲求それすなわちただ褒められたいだけなんじゃないのか。もしそうだとしたら恥ずかしいこと?なんで?承認欲求を露呈することはわりと恥ずかしいこと?そういう風潮があるから?周りはどんどん承認されていくし、でもそれはたぶん自分の勝手な被害妄想だし実のところ誰も承認欲求を満たされないでいる。他者の目や評価から自由であることやそう振る舞えることってかっこいいみたいな感じするしもしかしたらそれ理想かも知れないけどそれもできなければ言葉の綾で乗り越えるしかないのかもね。「誰かを笑顔にしたいです」。はあ?「ありがとうの一言が喜びです」。はあ。誰も頷いてくれなくても平気でいることはすごいことだからそうなりたいの。そんなひとなんていないでしょって否定を期待しているの。ばかじゃん。推敲なんかしないし支離滅裂を叩きつけることは消化器でいたずらすることとあんまり変わらないよ本質的に。いつまでも成長しないねって仕方なさそうに笑われていたいの。僕の虚勢が君のプライドを支えるかけがえのない現実の一つであればいい。って、透明感がどうとかって、綺麗ぶったフィクションに投影したならひねもすひょうひょうとチョコレートだけ食べていたい豚 is me.ほんと頭悪そうって最高の賛辞。変な顔。廊下に残飯がこぼれた光景。柔らかい光。異国で撃ち合う兵士を憂えながらカロリーの計算して昼の予定をどうやってキャンセルするか考えている、これも平和と呼べば平和。死んでください。そんな直球の愛してる。月は見えなくても初恋は消えない。

0

【雑記】サタデーモーニング

好きってすごいよな。何の見返りもないのにものを生み出すモチベーションになるんだよな。お金のためじゃなく時間を費やしてしかも他人のことは二の次でたぶん自分のため、原初は自給自足、なぜって最初の読者はいつだって自分自身だから、そしてそれをわざわざちゃんと形にしていくんだ。尊いよ。まぶしいよ。私生活でのいろんなしがらみや苦悩や、創作活動を妨げる要因になりそうないろんな時間的・精神的制約、それらぜんぶ乗り越えて、もくもく励んでいるんだ。土曜日の朝っぱらから推しカプの二次読んで真面目に感動してる。作品そのものの手前、そもそも人の創作意欲の根源だとかに。これがあれば友達も彼氏も要らないよ。短絡的。極・論。気持ちの上ではみんなそうだよ。嫌いなものとか受け入れないものも全部全部ネタにしちゃえば平和だよ。プレミアムフライデーなんか関係ねえよってただ毒づくくらいなら過重労働のサラリーマンと帰宅途中の気になる花屋さんのお話とか書けばいいじゃない(仮定)、西野カナの歌詞にはてなマークがとまらないならどっちも男にすればいいじゃない(腐)、勉強が楽しくないから科目を擬人化すればいいじゃない(実践済おすすめ)。そして西野カナのことすみませんこんなこと言いながら私のiPhoneにはいってるから。iPhoneって「あいふぉん」じゃくて「あいふぉーん」てしないと変換されないて知ってた?そこ融通きかせよう?な?余計な予測変換あげまくって笑わせるくせに自分の名前に関するアイデンディティばきばきで体質的(性能的)に譲歩できないようインプットされてるとか可愛いかよ。私のだけかな。二度寝しよ。

0
Scroll to top