2015年 6月 の投稿一覧

no.14

自転車を降り妖精の死骸を跨ぐ
夜は昼よりたくさんの光を集めて
何を捨てても世界はうつくしかった
誰に捨てられても世界は

身軽なのは奪うばかりの海のせい
砂の街は人知れず溶けて
いつか呪いながらあつめた
貝殻いっぱいのスパンコール

振り返って名前を呼べば
疑わしげな視線が縋り付いてくる
だからぼくは教えてあげる
きみはもうここにしかいないよ

0

no.13

六月のプールサイド
ジェリーが光を封じる
教室からカノンが聴こえ
悲鳴は慎ましくかき消される

明け方のぬるいアスファルト
落とされた者たちのつかの間の楽園
所在無さげにまるまった小さな命
玄関先のリズミカルな足音

かのひとの遺言を諳んじて
空き缶に活ける花の影
やわらかな手のひらに爪を立て
きみのすべてがぼくを愛している

0

no.12

遠くから見ている
何かに包まれて見ている
光と音が不鮮明な中で
きみに照準が合っている

耳元で誰か囁く
棘をはらんで風みたい
言われなくても
わかっていたこと

ふいにおかしくなる
かんたんで微笑ましい誤解だ
ぼくは
ぼくはきみを分からないでもいい

ぼくの見る世界で
きみはいつもぼくといない
ぼくが見る世界は
いつもぼくが欠落していて

でもきみは見える
ぼくの目に見える
ぼくと出会う前と
変わらずぼくには見えている

好きだった
そのことがとても好きだった
いつかぼくのものじゃなくなっても
それが変わらなければいいと思う

あっちへ行って
他の人に笑って
あまねく溶けて
薄まらず満たして
ぼくだけを見ないで
きみをしか見ない
見ないで
汚れやすいこのぼくばかりをそんなに

0