【雑記】臆病な手のせいにするということ

昨日はなんて鬱々とした品のない文章を書いてしまったんだ。申し訳ない。お目汚しだ。そうだ、今からでも遅くない、被害が拡大する前に、よし消そう。そう思って引き返してもハートが1つでも付いていると誰かの心にはひびいたのかもしれないというキュンが拭えず殺戮の手を引っ込めてしまう。そんな臆病な殺人鬼のようにちぐはぐな私の心。しっかりして。

きっとそういうことってあると思うよ。たくさんあるよ。自分が何気なくしたことが、変えてる人とか世界って稀じゃないよ。良くも悪くも。

最近読んだ本と観た映画
『グランド・イリュージョン』映画
『シャーロックホームズ シャドウゲーム』映画
『0才から100才まで学び続けなくてはならない時代を生きる 学ぶ人と育てる人のための教科書』落合陽一
『世にも奇妙な君物語』朝井リョウ
『マウス』村田沙耶香

あんまりインプットできていないな。映画はプライムビデオで評価良いやつなどを。ホームズが前の前の会社の上司に似てて頭に入らないながらも楽しんだ。

陽射しのあたたかな昼間はベランダに出てひなたぼっこなどしています。おいおい。平日。昼間に。ひなたぼっこて。裕福なご老人かよ。ぜいたくー。

たまに庭いじりとかしたくなるし、騒がしい場所避けるし、もう、そういうことなのかな(?)。

Scroll to top